Portal Site for Russellian in Japan


政府は戦争を望んでいるのか?(松下彰良・訳)
(1932年8月24日執筆)
Do Governments Desire War?
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]
* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.8.10)

 このエッセイの書かれた1932年におけるラッセルの予想(来る大戦は,多分,文明の消滅をもたらすだろう。)は,幸いなことに的中しなかった。戦争抑止策を(積極的に)とろうとしない諸政府。反戦活動をする人間は(資本主義国にあっては)「共産主義者(赤)」であり,(社会主義国にあっては)「反革命分子」であると決めつける。平和のために努力するよりも,権力をにぎり続けることを優先する政治家たち。ラッセルの持論である,「戦争のない世界(戦争ができない世界)」を創るための2つのステップとは・・・。(2002.03.01)


 あらゆる文明諸国において,平明な事実を理解できるすべての人は,次の世界大戦(第二次大戦)は多分'文明の終焉'をもたらすだろうという意見で一致している。これはいかなる意味においても'党派的問題'ではない。すなわち,これは,経済学,神学あるいは人間を分断している諸問題とは,まったく無関係なことがらである。それは単に戦争技術,特に攻撃技術の完備に関係がある。航空機と毒ガスは,攻撃を防御よりもよりいっそう強力なものにし,銃後の一般市民ヘの攻撃を容易にした。もしも(たとえば)イギリスとフランスの間で戦争が始まると,勃発後数時間で,ロンドンとパリのほとんど全ての住民が死ぬ恐れがあると予想されている。数日内にすべての産業の中心地は破壊され,大部分の鉄道路線は寸断されるだろう。恐怖で正気を失った民衆は'食糧の備蓄'のために争い,最もうまくいった人々は,人里離れたところに逃げて自分たち家族に近よる人間を狙撃するだろう。おそらく一週間以内に両国の人口は半減し,彼らの文化の伝達手段である諸制度は永久に破壊されるだろう。
 これらのことは皆よく知られていることであるが,信じ難いことかもしれないが,各国政府は'戦争防止'のためのあらゆる真剣な試みに対し,いまだ根深い反対の態度を示している。軍縮会議は長い審議の末,単にある種の'無益な合意',―― 皆認めているように,戦争が勃発すればその日のうちに破棄されるにちがいない合意――を更新することを決議しただけで終った(訳注:ラッセルが言及している会議は,国際連盟によって1932年2月に開催された。参加国は,自国の要求を一歩も譲らなかったため,会議は実質上成果なく終わった。)つまり集まった各国政府は文明世界の'知性'を愚弄し,戦争の危険をより減らし,より恐ろしくないものにする努力を何一つ傾ける意志がないことを明らかにした。
 現代における最も偉大な知性と世界中で認められているアインシュタインは,この会議の期間中,何らかのことがなされる希望があるかどうか見出すために(会議開催地の)ジュネーブヘ行った。この会議が無益だとわかると,アインシュタイン及び多数の平和の友 (彼らの多くは著名かつ尊敬すべき人々である。)は,ヨーロッパを自殺から救うために,'知識人'は何をなすべきかを議論する会議を持とうとした。しかし,スイス政府は,これら'平和の友'は共産主義者に相違ないという'口実'のもと,彼らがスイスに集まること(スイス入国)を拒絶した。フランス政府も同じように冷淡だった。イギリスの首相は,-個人的に訴えを受けたが- 返事さえ出さなかった。明らかに彼は,今では第一次世界大戦での彼自身の名誉ある事蹟を恥じているのだろう。(このエッセイが発表された当時の英国の首相はラムジー・マクドナルドであった。彼は1914年には労働党が英国の参戦を承認したことに抗議して,労働党の党首の座から退いた経験を持っており,これは皮肉。)
 これらの事実から引き出される結論は,各国政府は戦争を積極的に望んではいないけれども,依然として1914年以前と同様,戦争防止に役立つ一切の方策を妨害しようと決心しているらしいということである。それゆえ一般市民は,自分自身や子孫を無益かつ恐るべき死から救うために必要な'良識'を,手遅れにならないうちに身につけることが望まれる。そのための第一のステップは,全世界的規模の強制的かつ完全な軍備全廃であり,第二のステップは,国際政府の樹立である。陸海軍はけっして安全保障には役立たない。現代世界において安全を保つための唯一の道は,戦争手段を持たぬことである
 アインシュタインのような人物が戦争に関する自明な真理を世間に向かって言っているのに世間は耳をかさない。アインシュタインの言うことが難しくて理解できないかぎりは,彼は賢明な人物だと考えられるが,彼がすべての人が理解できることを述べると彼の知恵はもう底をついたと考えられる。この種の愚行において,各国政府は指導的役割を果たす。政治家は政権にしがみついていたいために,自国を破滅に導いても構わないと考えるらしい。これ以上の邪悪さは容易に想像できない。

In every civilised country, all persons capable of apprehending plain facts are agreed that the next great war will, in all likelihood, bring the end of civilisation. This is in no sense a party question ; it has nothing to do with economics or theology or any of the other issues that divide man. It has to do solely with the perfection of war technique, especially of the technique of attack. Aeroplanes and poison gas have made the attack much stronger than the defence and have made it easy to attack civilian populations behind the lines. If there should be a war (say) between England and France, it is to be expected that, within a few hours of its outbreak, practically all the inhabitants of London and Paris would be dead. Within a few days, all the main centres of industry would be destroyed and most of the railways would be paralysed. The population, maddened with terror, would fight with each other for stores of food, and those who were most successful would retire into lonely places, where they would shoot all who approached them. Probably within a week, the population of both countries would be halved, and the institutions which are the vehicles of their culture would be destroyed for ever.
All this is well known, and yet, incredible as it may seem, the governments show a rooted opposition to all serious attempts to prevent war. The Disarmament Conference, after long deliberation, decided merely to renew certain futile agreements which, as every one admits, will be broken on the day that war breaks out. The assembled governments decided to flout the intelligence of the civilised world and to make it clear that they would do nothing whatever to make war less likely or less horrible.
Einstein, who is universally recognised as the greatest man of our age, went to Geneva during the conference to find out whether there was hope of anything being done. The conference having proved futile, Einstein and various other friends of peace, many of them eminent and highly respectable, attempted to hold a congress that should consider what intelligent people could do to save Europe from suicide. The Swiss Government refused them permission to meet in Switzerland, on the pretext that friends of peace must be Communists. The French Government proved equally unfriendly. The British Prime Minister, personally appealed to, did not even reply ; apparently he is now ashamed of his honourable record in the Great War.
The conclusion to be drawn from such facts is that the governments of the world, while not positively desiring war, are just as determined as they were before 1914 to obstruct every measure that is likely to prevent war. It is to be hoped that ordinary citizens will, before it is too late, acquire the common sense required to save themselves and their children from a horrible and futile death. The first step should be universal compulsory and complete disarmament, the second the creation of an international government. Armies and navies do not make for safety. The only way to be safe in the modern world is not to have the means of fighting.
Men like Einstein proclaim obvious truths about war but are not listened to. So long as Einstein is unintelligible, he is thought wise, but as soon as he says anything that people can understand, it is thought that his wisdom has departed from him. In this folly, governments take a leading part. It seems that politicians would rather lead their countries to destruction than not be in the government. A greater depth of wickedness than this it is not easy to imagine.
★2002年2月の言葉★格言集へ