Portal Site for Russellian in Japan


畏敬の念について (松下彰良・訳)
(1932年11月9日執筆)
On reverence
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

* 改訳及びHTML修正をしました。(2011.12.4)

 権威主義対個人主義。権威(オーソリティ)とされる人々の考え方を過度に尊重する習慣。これに対し、あくまでも自分の頭で考える(自分の理解できないことはとりあえず棚にあげておく、一時的判断停止の)習慣。権力・権威追従に対する自主・独立。画一主義・平等主義に対する個性尊重。正統主義に対するたえざる革新。即ち、科学的探求心の重要性及びそのような心性・知性を育成する教育システムをつくりあげることの重要性等々について(2002.01.30)


 同時代の人間であれ、過去の人間であれ、偉大な人間を賞賛(称賛)することは、価値のある感情であり、有益な活動への刺激剤となる。活力と進取の精神を持った若者にとって、先人の業績は励みになるものであり、いかなることをなしうるかを示す証拠となる。
 しかし賞賛からよい結果が生ずるためには、この賞賛対象となる人物が、われわれの能力を越えた存在でなく、十分努力すれば、同等レベルまで到達可能な存在(人間)と考えられることが不可欠である。(逆に)過去の偉人が考えたことは全ての時代において完壁な真理であり、再吟味する必要はないということを当然のこととして、それによって自分たちの怠惰の口実とすることも可能である。
 こういった態度は、そのような態度を取る人によって擁護され、彼らはこの態度を「畏敬の念」と呼び、すべての現代における進取の精神(イニシアティブ)を不敬として非難する。この意味での「畏敬の念」は人類にとって不幸なものであった。
 過度の'畏敬の念'によってもたらされる害の最も顕著な例は、アリストテレスの影響である。11世紀と12世紀のごく短期間、即ち、西洋がアラブ人たち(アラブ世界)との接触を通じて彼を再発見した時には、彼の著作は知的刺激剤としての役割を果たした。しかしあっという間に、彼は'正統主義'の正典(基本的重要文献)、彼の言ったことの誤りの立証なしには、(学問の)進歩は不可能となった。
 ガリレオが彼の時代の天文学の教授たちに、彼の望遠鏡で木星の衛星(月)をのぞかせることに失敗したのは、彼らが木星に衛星(月)がないとアリストテレスが主張していたことを'知っていた'からである。ガリレオは生涯、聖書(の記述)との想定される不一致のみならず、アリストテレスの教説への不同意のために、強く非難された。
 それから二世紀後、ダーウィンが『種の起原』を出版した時、彼も各々の「種」は別々に創造されたとするアリステレスの教説とぶつかりあった。論理学や美学でのアリストテレスの影響は、過去はもちろんにこと、現在でもきわめて有害である。
 しかし大部分は、アリストテレスの影響は過去に属する。しかし疑いのないものとして偉大な人間の権威に訴える態度は、けっして消滅していない。古い世代の物の考え方と全ての面において一致しない若い世代は、必ず以上の見地にもとづく議論に遭遇する。「お前は(偉大なる)〇〇よりも賢明だと思っているのか?」と、立腹した親や教師は言う。実はこの「〇〇」という人物は、ほとんどいつも親や教師に異論を唱えた者である。この事実は無視される。「〇〇」は、現代とは異なる環境に生きていたゆえに、必ずしも今日知られることがら全てに通じていない。たとえこの「〇〇」が保守主義者の想定通り賢明だったとしても、それは必ずしも彼の意見が現状下で指針として役立つ、という理由にはならない。
 大昔に生きた人間の見解を、現代の環境のもとで新たな考察の必要性を免除するドグマとして(我々が)受けいれることができるような、いかなる主題も存在しない。だが、偉大な権威を獲得した人間が、その時代においても、あまり聡明な人物でなかったこともけっして少なくない。賢明な人間だと思ってもらう一つの方法は、その時代に流布している偏見を熱烈な雄弁で擁護し、その修辞で自分の推論能力の不足や同情的理解ができなかった事実を覆いかくすことである。
 偉大な著作家や偉大な雄弁家は、このようなやり方でこれまで量り知れぬ害を世の中に及ぼしてきた。'雄弁'が非合法化されれば、民主政府(民衆に迎合する政治?)が及ぼす危険性も今よりはずっと減るにちがいない。けれども、この解決策は不可能であるので、抜け出す道(方法)はただ一つ、探究心や科学的な物の味方を養う教育システムにおいてしかない。おそらく2、3世紀後に、これが試みられることだろう。

Admiration of great men, both of our own time and of the past, is a valuable emotion and a stimulus to useful activity. To young men of vigour and enterprise, the achievements of predecessors are an encouragement and a proof of what is possible to achieve.
But if this good effect is to result from admiration, it is necessary that the men who are admired should be regarded as something that it is possible to equal by means of sufficient exertion, not as something outside our capacity. It is possible to use the great men of the past as an excuse for laziness, by assuming that what they thought was perfect for all time and need never be re-examined.
This attitude is defended by those who adopt it, who call it 'reverence' and condemn all modern initiative as disrespectful. 'Reverence' in this sense has been a misfortune to the human race.
One of the most outstanding examples of the harm done by excessive reverence is the influence of Aristotle. For a brief period, in the eleventh and twelfth centuries, when the West rediscovered him through contact with the Arabs, his writings acted as an intellectual stimulus. But very soon he became the canon of orthodoxy, and no advance could be made except by showing the falsehood of what he had said.
Galileo could not induce professors of astronomy to look through his telescope at Jupiter's moons, because they knew from Aristotle that Jupiter has no moons. Throughout Galileo's life he was as much criticised for disagreeing with Aristotle as for his supposed conflict with the Scriptures.
 Two centuries later, when Darwin published Origin of Species, he was met by dogmatic assertion of Aristotle's doctrine that each species was separately created. In logic and aesthetics his influence has been, and still is, exceedingly pernicious.
In the main, however, Aristotle's influence belongs to the past. But the attitude of appealing to the authority of great men as unquestionable has by no means disappeared. Every young man or young woman whose opinions are not on all points those of the older generation is met with arguments inspired by this point of view. 'Do you think you are wiser than so-and-so ?' says the indignant parent or teacher. 'So-and-so' is almost always a man who himself disagreed with his parents and teachers, but this fact is ignored. 'So-and-so' lived in other circumstances and necessarily did not know all sorts of things that are known nowadays. Even if 'So-and-so' was just as wise as conservatives suppose, that is no reason for supposing that his opinions are to be accepted as a guide in the circumstances of the present day.
There is no subject upon which the opinions of a man who lived long ago can be accepted as dogmas absolving us from the necessity of fresh consideration in the light of our modern environment. Not infrequently, however, men who have acquired great authority never were very wise, even in their own day. One way of being thought wise is to defend current prejudices in glowing and eloquent language so that rhetoric conceals the lack of reasoning power and the failure of sympathetic understanding.
Great writers and great orators have done incalculable harm in this way. If eloquence could be made illegal, the dangers of popular government would be much less than they are. As, however, this solution is impossible, the only way out lies in an educational system which cultivates an inquiring and scientific outlook. Perhaps, after another two or three centuries, this way out may be tried.
★2002年1月の言葉★格言集へ