Portal Site for Russellian in Japan


知的水準の低下 (松下彰良・訳)
(1932年10月19日執筆)
The decay of intellectual standards
* 改訳しました。(2011.2.27)
 今月(12月)の言葉は,「知的水準の低下」です。現代人は多くのことを知らねばならず,学校時代に非常に大量の知識を詰め込まれます。しかし,(受験勉強に象徴される)詰め込み教育のおかげで,消化不良の知識を多く身につけ,「正確性に欠けた」「博識だが智恵に乏しい」人間を大量に生み出しています。それによって,「悪意のある動機による事実の歪曲を看破する能力を喪失」するといったゆゆしき事態が生まれていると警告するエッセイ(1932年に発表)ですが,現代日本にも通用すると思われます(2003.12.14,松下)

 現代生活は,労力節約のためのいろいろな機器(装置)に順応したものとなっている。我々は,馬の筋肉の代りに機械の牽引力によって移動する。即ち,足の代りにエレベーターやエスカレーターを利用する。料理人は缶から粉末を取り出して使うが,昔流のやり方で(粉を作るところからやって)スープを作るように求められるとやめると言う(辞表を提出する)。昔は耕作作業や刈取作業は,非常に辛く,それゆえそれは本物の労苦を免除された詩人に詩によって祝福されたものである。現代では農夫は機械の上に座って楽にしていられる。物体の空間的な位置を変えることにかんする人間労働の部分全ては,以前にくらべればすべてきわめて容易になった。過去に比較すれば,現代生活は筋肉労働という点から見るかぎり,長い休暇のようなものである。
 知的な問題でも,同様の努力の削減を期待する傾向がある。以前は,全ての勉強は厳しくなければならないとされ,学校での厳しい勉強は,当然のことだと考えられていた。今日ではこれと逆に,すべての勉強は容易でなければならないという感情が生まれている。学校での勉強の多くが,まずい教え方のために必要以上に難しくされてきたことは事実である。しかし教授法がどれほど優れていても,生徒の側の真剣な努力なしでは習得されえないことがらは非常に多く存在する。多くの現代の教育者は,このことに腹を立て,平易化できない部分の学問的訓練の価値を過小評価しがちである。私はアメリカの現状は知らないが,イギリスでは視学官が報告のなかで,たとえば,今日では30年前に比べて生徒の算術計算がより不正確になっていると述べている。従来イギリスの小学校は算術を重視しすぎる傾向があったので,この点での変化は,それほど悲しむべきことではない。しかし別の方面においては,正確さの低下はより深刻である。
 簡単な実験で,あなた(読者)は,友人の正確性を判断することが可能だろう。友人に,最近2,3ケ月の間に読んだ本の書名を尋ねれば,ほとんど例外なく何らかの間違いを犯すのに気づくだろう。彼らは自分がよく知っているごく親しい知人以外,知人の名や住所に関しても間違いを犯すだろう。事実が単なる事実に属し,自分の感情や所信に関係しないかぎり,われわれはそれらを正確に記憶しないことに気付くだろう。このことは,現代の教育の「ソフトな」性格と関係がある。昔学校で教えられたことは,大部分それ自体は無益なものであったが,正確さを教えるという長所を持っていた。今日の(現代的な)学校で教えられることがらは,それ自体知る価値があるものが多いが,通例,それは生徒が完全には理解しない方法で教えられる。その結果,大人たちは正確さを欠いた心的習性を身につけ,悪意のある動機による事実の歪曲に気付かなくなる
 専門職を選ぶことを心に決めた現代の若者は通常学校では怠け,専門的訓練を受ける時になってはじめていっしょうけんめい勉強を開始する傾向がある。ロー・スクールやメディカル・スクールにおいて,彼は知識習得に懸命になるが,それはそれらの知識が彼にとって疑いえない経済的効用を持つからである。しかしいわゆる教育の早期の段階においては,彼は何とかして無知のままでいようとする。知識の獲得を好む少数の少年少女がいるが,彼らはあくまでも例外である。
 現代の教育改革論者は,多分,過去の愚かな厳格さへの反動のため,勉学は全ての人の義務であり,若い時はもっぱら遊ぶためだけの時間ではなく,成人後の勉学に備えるという真面目な側面を持たなければならないという大事な事実を見落してきたと,私は考えている。若い時(青年期)が遊びだけであるならば,その後の勉学は苦痛なものとなるだろう。そして,特に,現代世界は以前の時代よりも格段に複雑になっているゆえに,市民の知的訓練は一層必要である。従って,知的水準の低下は二重に不幸なことであり,疑いもなく,世界の悲惨な現状を招いた原因の1つである。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

Modern life is adapted to labour-saving devices. We move by mechanical traction instead of by the muscles of horses; we use elevators and escalators in place of our own legs; the cook uses powders out of a tin and gives notice if asked to make soup in the old way. In former times the labour of ploughing and reaping was very severe and was celebrated in verse by poets who were exempt from honest toil; nowadays, the ploughman sits at his ease on a machine. All that part of human labour which consists in altering the position of matter in space has become immeasurably less irksome than it used to be. In comparison with the past, modern life, from a muscular point of view, is one long holiday.

There is a tendency to expect the same diminution of effort in intellectual matters. The hard work of school was formerly taken for granted since it was assumed that all work must be hard. Nowadays, there is the opposite feeling, that all work ought to be easy. A great deal of school work, it is true, used to be made unnecessarily diflicult by bad methods of teaching. But however excellent the methods of teaching may be, there is much that cannot be learned without severe effort on the part of the pupil. Many modern educators resent this fact and tend to undervalue those parts of scholastic training that cannot be made easy. I do not know how it may be in America, but in England school inspectors report that arithmetical work, for example, is less accurate than it was thirty years ago. This particular change is not to be regretted since elementary schools in England have always been inclined to lay too much stress on arithmetic. But in other directions the decay of accuracy is more serious.
A simple experiment will enable the reader to judge the accuracy of his friends. Ask them the titles of the books they have read during the last few months, and you will find, almost invariably, that they make mistakes. They will make mistakes about the names and addresses of their acquaintances, except those they know very well. Whenever a fact is just so and is not a matter of sentiment or opinion, you will find that it is not accurately remembered. This is connected with the 'soft' character of modern education. Most of what was formerly taught was useless in itself but had the merit of teaching accuracy. What is taught in up-to-date schools is often worth knowing on its own account but is usually taught in such a way that the pupils do not know it at the end. The consequence is that adults have slipshod habits of mind and cease to notice distortions of fact which have a sinister motive.
The modern youth who intends to adopt a profession tends to be idle at school and only to begin hard work when he embarks upon technical training. In law school or medical school he exerts himself to acquire knowledge because it has for him an obvious economic utility. But in the earlier years of his so-called education he has managed to remain ignorant. A few boys and girls like the acquisition of knowledge, but they are exceptional.
I think educational reformers have perhaps, in a reaction against the foolish severity of the past, overlooked the fact that it is every man's duty to work and that youth cannot be regarded solely as a time for play but must also have its serious side as preparation for adult work. If youth is all play, work will afterwards be resented. And, in particular, the modern world, being more complex than the world of former times, demands more intellectual training of the citizen. The decay of intellectual standards is therefore doubly unfortunate and is certainly one of the causes of the bad state of the world.
★11月(前月)の言葉★格言集へ