Portal Site for Russellian in Japan


臆病は有利(松下彰良・訳)
(1931年11月2日執筆)
The advantages of cowardice
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]
* 改訳及びHTMLの修正をしました。(2010.9.6)

 いつの時代も変わらない処世術:

1)自分の意見を述べずに上司の意見を述べよ,
2)自分で良いと思う目標を実現しようとしないで,大金持ちが肩入れした組織が目指す目標の達成に努力せよ,
3)個人的な交友では,できれば権力を持った人たちと,もしそれがかなわなければ,将来権力を持つと思われる人たちを選べ。

 もちろん,このような処世術に従う位なら死んだほうがまし,とラッセルは思いますが・・・。(2002.08.31)


 フランス革命期の,恐怖政治が終った時,政治家で生き残ったのは,斬首されないようにすばやく意見を変えた,抜け目のない臆病者だけだった。その結果,政治家の中に将軍たちの秩序を保つ勇気のある人物はまったくいなくなり,軍部の栄光が二十年間続くこととなっ た。フランス革命(期)は例外的な一時期であった。しかし,組織が存在するところではどこでも,勇気よりも'臆病であること'の方が(生き抜いていくためには)より有利であることが見いだされるだろう。会社(企業),学校,精神病院等の長になる人たちの十中八九は,独自の判断力を持ち率直に自分の考えを言う人間よりも,従順な'胡麻すり'を好むだろう。政治の世界では,'党の綱領'を信奉すると公言し,指導者たちにお世辞を言う必要がある。海軍では,時代遅れの海戦術をぶつことが必要である。陸軍では,すべてにおいて中世風の見解を主張する必要がある。ジャーナリズムの世界では,賃金奴隷たちは百万長者の意見を代弁するために,頭脳を使わなければならない。教育の世界では,大学教授たちは,教養のない連中の偏見に敬意を表さないとその職を失う。
 このような状態であるため,実際上その人の生涯のあらゆる局面において,現在指導者になっている人間は,臆病者として長い年季奉公をしてきている。一方正直で勇気ある人は,貧民収容所か刑務所に行かなければ見つけることができない。嘆かわしい世の中ではないだろうか?
 現代社会では,産業主義のおかげで,世界史の以前のいかなる時代よりも,'社会的な協力'を必要としている。ところで,人と協力するには三つの理由がある。一つは相手を愛するからであり,一つは相手を恐れるからであり,もう一つは不正な利得にあずかりたいと望むからである。これらの三つの動機は,人間の協力が必要なそれぞれの領域において,それぞれ異った重要性を持つ。第一の動機は'生殖'を支配し,第三の動機は'政治'を支配する。しかし日常的な政治のとりひきは,それが国家のものであろうと他の社会的組織のものであろうと,恐怖の上に成り立っている。(しかし)恐れを知らぬ集団は, 支配できないだろう。ヴァイキングは,ノルウェーの王が支配できないと思った人々であった。彼らは,ノルウェー王の支配に屈するのを潔しとせず,ノルウェーを去った。数世紀にわたる冒険の末,彼らはアイスランドの凍てつく谷間で農民となった。

 比較する上で,あの偉大なるモールバラ公爵のことを考えてみよう。彼は自分の妹をジェームス二世の愛人(側室)にすることによって,政治家としてキャリアの第一歩を確かなものにした。モールバラ公の輝ける日々は,彼の夫人とアン女王との間の熱烈な友情の結果(おかげ)であった。モールバラ公はフランス軍と闘うたびにいつも彼らを打負かした。しかし,フランス王が彼にそれなりの代価を払えば(←モールバラ公の時間を費やすだけの価値を与えれば),彼はいつでも戦闘の手を休める用意があった。彼は偉大な名と巨万の富を残し,今日に至るまで彼の子孫は愛国者の模範となっている。一応は民主主義の世の中になったにもかかわらず,成功をおさめる策略(技術)は,モールバラ公の時代以来ほとんど変っていない。今も昔も,人がもし成功したければ,勇敢で独立独歩であるよりも,ご機嫌取りがうまくて小心でなければならない。
 したがって,銀行の経営者から尊敬され,友人や隣人から賞賛され,市民はかくあるべしの模範と世間で見なされて,神聖な香りにつつまれて死にたいと望む人への私の助言は,以下のとおりである。
 自分の意見を述べずに上司の意見を述べよ。自分で良いと思う目標を実現しようとしないで,大金持ちが支援している組織が目指す目標の達成に努力せよ。個人的な交友では,できれば権力を持った人たちと,もしそれができなければ,将来権力を持つと思われる人たちを選びなさい。
 このようにすれば,社会のすべての要人の受けが良くなる。
 以上は堅実な助言であるが,私としてはこんなものに従うくらいなら,死んだ方がましだと思っている。

During the French Revolution, when the Reign of Terror came to an end, it was found that no one was left alive among the politicians except prudent cowards who had changed their opinions quickly enough to keep their heads on their shoulders. The result was twenty years of military glory, because there was no one left among the politicians with sufficient courage to keep the generals in order. The French Revolution was an exceptional time, but wherever organisation exists cowardice will be found more advantageous than courage. Of the men at the head of businesses, schools, lunatic asylums, and the like, nine out of ten will prefer the supple lickspittle to the outspoken man of independent judgement. In politics it is necessary to profess the party programme and flatter the leaders; in the navy it is necessary to profess antiquated views on naval strategy; in the army it is necessary to maintain a medieval outlook on everything; in journalism wage slaves have to use their brains to give expression to the opinions of millionaires; in education professors lose their jobs if they do not respect the prejudices of the illiterate.

The result of this state of affairs is that in practically every walk of life the men who come to the top have served a long apprenticeship in cowardice, while the honest and courageous have to be sought for in workhouses and prisons. Is this regrettable ?
The modern world, owing to industrialism, requires social co-operation more than it was required in any earlier stage in the world's history. Now there are three reasons for which you may co-operate with a man: because you love him, because you fear him, or because you hope to share the swag. These three motives are of differing importance in different regions of human co-operation: the first governs procreation, and the third governs politics. But the ordinary everyday business of government, whether in the state or in any other social institution, depends upon fear. A collection of fearless men would be ungovernable. The Vikings were men whom the King of Norway found ungovernable; they left Norway because they would not submit themselves to his sway. After a few centuries of adventure, they became peasants in the frozen valleys of Iceland.
Consider, as a contrast, the great Duke of Marlborough. He secured the first steps in his career by causing his sister to become the mistress of James II. His great days were due to the passionate friendship between his wife and Queen Anne. Whenever he fought the French he beat them, but he was always ready to refrain from fighting if the King of France made it worth his while. He left a great name, and a great fortune, and his descendants to this day are patterns for patriots. The arts of success have changed little since his day, in spite of the nominal advent of democracy. Now, as in the past, if you wish for success you should be insinuating and pusillanimous rather than bold and self-reliant.
To those, therefore, whose ambition it is to die in the odour of sanctity, respected by bank managers, admired by friends and neighbours, and universally regarded as models of what a citizen should be, my advice is: don't express your own opinions but those of your boss; don't endeavour to realise ends which you yourself think good, but pursue rather those aimed at by some organisation supported by millionaires; in your private friendships select influential men if you can, or, failing that, men whom you judge likely to become influential. Do this, and you will win the good opinion of all the best elements in the community.
This is sound advice, but, for my part, I would sooner die than follow it.
★2002年8月の言葉★格言集へ