バートランド・ラッセルの名言・警句( Bertrand Russell Quotes )

『バートランド・ラッセル−反核の論理学者』(学芸みらい社刊)p.177で引用されているラッセルの言葉です。(n.31)

不幸に際して、気違いじみた狼狽を避け、ストア的な(禁欲主義的な)忍耐力を強めることは、哲学を持たない人よりも持つ人のほうがずっと容易であろう。私は、そのような人が常に幸福だとは言わない。我々の住んでいるような世界では、常に幸福であることはほとんど不可能である。しかし、私は、真の哲学者は起こりうる悲惨をじっとみつめた時、絶望や恐怖に苦しむことは他の人々よりもずっと少ない、と思う。

It is easier for him than it would be if he had no philosophy to avoid frantic panic and to develop a capacity for stoic endurance in misfortune. I do not pretend that such a man will always be happy. It is scarcely possiblle to be always happy in a world such as that in which we find ourselves, but I do think taht true philosopher is less likely than others are to suffer from baffled despair and fascinated terror in the contemplation of possible disaster.
 Source: Portraits from Memory and Other Essyas, 1956、p.170.
 More info.: https://russell-j.com/beginner/1026_PfOT-010.HTM

<寸言>
 出典を知らずにこの一文を読むと、ラッセルの『幸福論』にでてくる文章だと勘違いする人も少なくないかもしれないですが、これは「我々の時代のための哲学」(A philosophy for our time、1953)というエッセイの一節です。

   

Copyright: (c) Akiyoshi Matsushita (松下彰良) All Rights Reserved.