(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル(著),市井三郎(訳)
『社会改造の原理』

(河出書房新社版『世界の大思想』v.26,1969年8月刊。pp.1-155)

* 原著: Principles fo Social Reconstruction, 1916)

前へ  次へ
第1章「成長原理」n.4
The principle of growth

 ・・・。意志による衝動の完全なコントロール(統御)ということを、時としてモラリストたちは説くのだが、またそのようなコントロールはしばしば経済的必然によって強要されるものだが、それは真に望ましいこととはいえない。衝動を排除してしまうほどに、もっぱら目的や欲望によって支配された生活というものは、人をへとへとにさせる生活であり、活力を消耗させたあげくのはて、まさに達成しようと当人が務めてきた目的それ自体に対して、当人を無感覚にしてしまうものだ。国民全体がこのような生活をしている場合には、みずからのいろんな欲望をさまたげているものが何であるか、またその障害を克服するにはどうすればいいか、ということを十分に理解できないまま、国民全体が虚弱となりがちである。工業生産体制と社会的組織化とは、文明国民がよりいっそう衝動よりは目的意識によって生活する、という方向へ間断なく強制力を加えつつある。長期的にそのような生存様式がつづくと、生命力の諸源泉がたとえ枯渇しないとしても、新しい種類の諸衝動、つまり従来とは違って意志が習慣的にコントロールしえないような、あるいは思考が意識しえないような種類の諸衝動が産み出されてくる。これらの新しい衝動はその影響力において、これまで抑制されてきた諸衝動よりも悪弊の大きいものとなる傾きがある。ゆきすぎた規律というものは、ことにそれが外部から強要される場合には、しばしば残酷と破壊の衝動を産みだすものだ。このことが、国民性に対して軍国主義が悪しき影響を及ぼす理由の一つである。自然発生的な衝動が吐け口を見出しえないとすれば、ほとんどつねに活力の枯渇か、あるいは抑圧的で生命力の逆行する衝動のいずれかが、結果として生じるであろう
 人間の衝動というものは、生まれつきの気質によって初めから固定されているわけではない。ある種のひろい限界内において、人の衝動は当人の生活環境や生活様式によってひどく変わるものである。この変化の性質は研究さるべきであり、そのような研究の諸結果は、政治的・社会的諸制度がもたらす効用あるいは弊害を判断するに当たってぜひとも考慮に入れなければならない。・・・。

... The complete control of impulse by will, which is sometimes preached by moralists, and often enforced by economic necessity, is not really desirable. A life governed by purposes and desires, to the exclusion of impulse, is a tiring life; it exhausts vitality, and leaves a man, in the end, indifferent to the very purposes which he has been trying to achieve. When a whole nation lives in this way, the whole nation tends to become feeble, without enough grasp to recognize and overcome the obstacles to its desires. Industrialism and organization are constantly forcing civilized nations to live more and more by purpose rather than impulse. In the long run such a mode of existence, if it does not dry up the springs of life, produces new impulses, not of the kind which the will has been in the habit of controlling or of which thought is conscious. These new impulses are apt to be worse in their effects in a than those that have been checked. Excessive discipline, especially when it is imposed from without, often issues in impulses of cruelty and destruction; this is one reason why militarism has a bad effect on national character. Either lack of vitality, or impulses which are oppressive and against life, will almost always result if the spontaneous impulses are not able to find an outlet. A man's impulses are not fixed from the beginning by his native disposition: within certain wide limits, they are profoundly modified by his circumstances and his way of life. The nature of these modifications ought to be studied, and the results of such study ought to be taken account of in iudging the good or harm that is done by political and social institutions.
>