(本館) (トップ) (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル(著),市井三郎(訳)
『社会改造の原理』

(河出書房新社版『世界の大思想』v.26,1969年8月刊。pp.1-155)

* 原著: Principles fo Social Reconstruction, 1916

前へ  次へ
第1章「成長原理」n.2
The principle of growth

・・・。成人した大人は,自分が子供や犬などよりずっと理性的である,と想定するのを好むものだ。そして自分の生活の中で,衝動というものがどれほど大きい役割を演じているか,ということを自分の意識から無意識的に隠している。この無意識的隠蔽というものは,つねにある一般的な図式に従っている。つまり衝動が生じた時に,その衝動にふけるという行動がなされない場合には,そこにある欲望が成長してくる。それは,当の衝動にふけったとすれば予期されるいろんな諸帰結を求める欲望である。理性的に予期しうる諸帰結のうちあるものが,もし明らかに不快なものであるとすれば,予見と衝動とのあいだに紛糾が生じてくる。衝動が弱いものである場合には,予見が勝利することもありえよう。これは,理性に基づいて行動する,と呼ばれるような場合である。だが衝動が強烈であれば,予見は間違いだとされてしまい,不快な帰結なるものが忘れ去られるか,さもなければ,英雄型の人間の場合には,不快な諸帰結を無謀にも甘受してしまう,といったことになりかねない。マクベスは,自分が負けるにきまっていると悟ったのに,決闘を尻ごみしないで次のように叫ぶ。
マクダフよ,かかってこい。
参った!,と最初に叫ぶ方が呪われろ!
 しかし衝動が,これほど強烈で無謀なことは稀である。たいていの人々は,自分の衝動が強烈な場合には,注意力の潜在意識的な選択性によって,その衝動を満たすことから快的な諸帰結が派生するんだ,とうまく自分自身にいいくるめてしまうのがふつうである。さまざまな哲学の全体,倫理的評価の諸体系の全体が,このようにしてでき上ってくる。その諸体系は,衝動に奉仕するような種類の思想が具現したものであり,それが狙いとするところは,衝動に耽溺するためのうわべだけ合理的な根拠を提供することにある。正真正銘ほんものといえる思想は,好奇心という知的衝動 −−ものごとを知りかつ理解しようとする欲望を導びき出す衝動−− から産まれる思考だけである。ところが思想としてまかり通っている大部分のものは,なんらかの知的でない衝動にうながされたものであり,「この衝動を満足させるとしても,われわれは失望したり他人に害を及ぼしたりすることにはならぬだろう」などと自分自身にいいくるめるための手段にすぎないのだ
・・・。

... Grown men like to imagine themselves more rational than children and dogs, and unconsciously conceal from themselves how great a part impulse plays in their lives. This unconscious concealment always follows a certain general plan. When an impulse is not indulged in the moment in which it arises, there grows up a desire for the expected consequences of indulging the impulse. If some of the consequences which are reasonably to be expected are clearly disagreeable, a conflict between foresight and impulse arises. If the impulse is weak, foresight may conquer; this is what is called acting on reason. If the impulse is strong, either foresight will be falsified, and the disagreeable consequences will be forgotten, or, in men of a heroic mould, the consequences may be recklessly accepted. When Macbeth realises that he is doomed to defeat, he does not shrink from the fight; he exclaims:-
Lay on, Macduff,
And damned be him that first cries, Hold, enough!
But such strength and recklessness of impulse is rare. Most men, when their impulse is strong, succeed in persuading themselves, usually by a subconscious selectiveness of attention, that agreeable consequences will follow from the indulgence of their impulse. Whole philosophies, whole systems of ethical valuation, spring up in this way; they are the embodiment of a kind of thought which is subservient to impulse, which aims at providing a quasi-rational ground for the indulgence of impulse. The only thought which is genuine is that which springs out of the intellectual impulse of curiosity, leading to the desire to know and understand. But most of what passes for thought is inspired by some non-intellectual impulse, and is merely a means of persuading ourselves that we shall not be disappointed or do harm if we indulge this impulse.