(本館)  (トップ) (初心者のページ)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル(著),市井三郎(訳)
『社会改造の原理』

(河出書房新社版『世界の大思想』v.26,1969年8月刊。pp.1-155)

* 原著: Principles fo Social Reconstruction, 1916)

次へ
第1章「成長原理」n.1
The principle of growth

・・・。以下の諸講演は,その一つ(第三章)だけが戦争のことを扱っているにすぎないが,そのすべてが,戦争(=第一次世界大戦)によって示唆された人間行動の諸源泉についてのある見方にうながされておこなった諸講演である。またそのすべてが,人々に戦争を嫌悪せしめずにはおかないような政治的諸制度が,ヨーロッパに確立されるのを見たいという希望にうながされている。その希望は,経済的・社会的生活の大はばな,そして根本的な改造なしには不可能であるにしても,実現可能な希望であるとわたしは固く信じている。・・・。
 戦争観に二つのものがあり,そのいずれもがわたしには,適切な見方とは思えない。この国での通常の戦争観によれば,戦争はドイツ人が怪しからんから起こるのだという(松下注:本講演は,第一次世界大戦中に行われたものであることに注意)。また平和主義者の大部分がいだいている戦争観によれば,戦争は外交上の紛糾と介在する諸政府の野心に帰因する,という。わたしの考えるところでは,そのような見方は両方とも,戦争がどの程度にまでふつうの人間性から派生しているか,という点を自覚していない。ドイツ人とか,また政府を構成している人間たちは,概して平均的な人間であり,他の人々を動かしているのと同一の,もろもろの情熱によって動かされており,置かれた諸状況という点を除けば,世界中の他の人間たちと大して異なっているわけではない。ドイツ人でもなく外交官でもない人々によって,戦争はやすやすと容認されており,そこには,真相に反した不適切な理由づけを黙認する態度が見られるのだ。このようなことは,他の諸国民や諸階層に,戦争への深い嫌悪感が少しでもひろがっているとすれば,ありうる話とはならないだろう人々が信じる真相に反したことどもと,人々が信じようとしない真実のことどもとは,その人々がいだくさまざまな衝動 −かならずしもそれぞれの場合における個人的な衝動を意味せず(なぜなら信念というものは伝染性をもつから),人々が属する共同社会の一般的諸衝動− を示す指標である。すべてわれわれは,信ずるに足る十分な根拠のない多くのことどもを信じている。なぜならわれわれの本性は潜在意識的に,自分の信ずることどもが真であるとすれば合理的となりうるような種類の行動を,切望するからである根拠のない信念とは,衝動が理性に対して捧げる敬意だといっていい。したがって衝動というものは,英国とドイツの双方の人々に,戦争を遂行することが自分の義務だと信じさせるような,方向は逆だが御同様の信念をともなうものである。

 以上の見解を受け容れる人間に当然ながら生じてくる第一の想いは,人々がもっと多く理性の王国の支配下にあればいいのだが,ということである。戦争というものが必然的に,すべての戦闘員にはかり知れない危害を加えずにはいないということを了解している人々にとっては,戦争は単なる狂気,つまり平和時に知られたすべてのことどもを忘れ去る一つの集団的狂気沙汰に思われるのだ。もろもろの衝動がもしより多く統制されたとして,また思考が情熱に支配される度合いがより少なくなったとすれば,人々は戦争熱が近づくことに反対して自らの知性を守るであろうし,いろいろな紛争も協調裡に解決がつくだろう。このことは本当だが,それ自体で十分であるとはいえない。正しく思考しようとする欲望は,戦争の情熱を統御するにふさわしい,ということを見出す人々は,その人々自身の正しく思考しようとする欲望が,それ自体一つの情熱となっているような人々だけである。情熱のみが情熱を統御できるのであり,逆方向の衝動あるいは欲望のみが,衝動を抑制しうるのである。伝統的なモラリストたちが説いた形での理性は,良き生活をつくり出すにはあまりに消極的であり,またあまりにも生気を欠いている。戦争を阻止しうるのは,理性のみによるものではなく,戦争をもたらす衝動や情熱に反発するところの,積極的な衝動と情熱のある生活によってである.変える必要があるのは,意識的な思考の生活だけでなく,衝動の生活である。
・・・。

の画像
拡大する!(enlarge)
... The following lectures, though only one of them will deal with war, are all inspired by a view of the springs of action which has been suggested by the war. And all of them are informed by the hope of seeing such political institutions established in Europe as shall make men averse from war - a hope which I firmly believe to be realizable, though not without a great and fundamental reconstruction of economic and social life. ...

There are two views of the war neither of which seems to me adequate. The usual view in this country is that it is due to the wickedness of the Germans; the view of most pacifists is that it is due to the diplomatic tangle and to the ambitions of Governments. I think both these views fail to realize the extent to which war grows out of , ordinary human nature. Germans, and also the men who compose Governments, are on the whole average human beings, actuated by the same passions that actuate others, not differing much from the rest of the world except in their circumstances. War is accepted by men who are neither Germans nor diplomatists with a readiness, an acquiescence in untrue and inadequate reasons, which would not be possible if any deep repugnance to war were widespread in other nations or classes. The untrue things which men believe, and the true things which they disbelieve, are an index to their impulses-not necessarily to individual impulses in each case (since beliefs are contagious), but to the general impulses of the community. We all believe many things which we have no good ground for believing, because, subconsciously, our nature craves certain kinds of action which these beliefs would render reasonable if they were true. Unfounded beliefs are the homage which impulse pays to reason; and thus it is with the beliefs which, opposite but similar, make men here and in Germany believe it their duty to prosecute the war.

The first thought which naturally occurs to one who accepts this view is that it would be well if men were more under the dominion of reason. War, to those who see that it must necessarily do untold harm to all the combatants, seems a mere madness, a collective insanity in which all that has been known in time of peace is forgotten. If impulses were more controlled, if thought were less dominated by passion, men would guard their minds against the approaches of war fever, and disputes would be adjusted amicably.
This is true, but it is not by itself sufficient. It is only those in whom the desire to think truly is itself passion who will find this desire adequate to control the passions of war. Only passion can control passion, and only a contrary impulse or desire can check impulse. Reason, as it is preached by traditional moralists, is too of negative, too little living, to make a good life. It is not by reason alone that wars can be prevented, but by a positive life of impulses and passions antagonistic to those that lead to war. It is the life of impulse that needs to be changed, not only the life of conscious thought