(本館へ)  (トップへ)  (初心者のページへ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル,河合秀和(訳)
『ドイツ社会主義』(みすず書房,1990年。184+iv pp.)

(原著: German Social Democracy, 1896)
第1講「マルクスと社会民主主義の理論的基礎」n.1  
Appearance and Reality, n.1

目次
(右写真:本書を出版した1896年(24歳)頃のラッセル)

 エンゲルスは言う。「われわれドイツ社会主義者は、サン・シモン、フーリエ、オーエンの直系であるだけでなく、カント、フィヒテ、ヘーゲルの直系であることを誇りに思う。ドイツの労働運動は、ドイツ古典哲学の継承者である。」

 この大仰な主張は、社会民主主義の一つの特徴を示している。まさにその特徴によって、社会民主主義には、普通の政治運動以上の興味と人間的価値があるのである。なぜなら、社会民主主義はたんなる一つの政党ではなく、たんなる一つの経済理論でもない。それは、世界と人間の発展についての完全に自己完結的な一つの哲学であり、一言でいえば、一つの宗教、一つの倫理学だからである。マルクスの業績、さらに彼の後継者たちの目的と信念を、狭く経済学的な観点からだけ判断することは、その業績の肉体、精神両面にわたる偉大さを見落とすことになるであろう。運動のこの側面は、歴史の細かい点に目を奪われて、たやすく見失いがちである。そこで私は、先ずマルクスの哲学を簡単に説明し、それが発生した源と、彼がその哲学に経済学の形態を与えるにいたった動機を示して、この側面を浮き彫りにしたいと思う。・・・。

'We German Socialists,' says Engels 'are proud of our descent, not only from Saint-Simmon, Fourier, and Owen, but also from Kant, Fichte, and Hegel. The German labour-movement is the heir of German classical philosophy.'

This haughty claim expresses the peculiar feature of which gives to Social Democracy an interest and a human value beyond that of any ordinary political movement. For Social Democracy is not a mere political party, nor even a mere economic theory; it is a complete self-contained philosophy of the world and of human development; it is, in a word, a religion and an ethic. To judge the work of Marx, or the aims and beliefs of his followers, from a narrow economic standpoint, is to overlook the whole body and spirit of their greatness. I shall endeavour, since this aspect of the movement is easily lost sight of in the details of history, to bring it into prominence by a brief preliminary account of Marx's philosophy, showing the sources from which it sprang, and the motives which led him to give it an economic form.