(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ worship【 (n) 崇拝;礼拝;礼拝式 || (v) 崇拝する,熱愛する;礼拝する;】

* warship (戦艦)と綴りを間違えないこと
* hero worship 英雄崇拝
I tried to take refuge in pure contemplation; I began to write The Free Man's Worship.
[純粋な瞑想の中に避難しようと試みた。即ち,「自由人の崇拝」(A Free Man's Worship)を執筆し始めた。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第6章「プリンキピア・マテマティカ」]

He asked my religion and I replied 'agnostic'. He asked how to spell it, and remarked with a sigh: 'Well, there are many religions, but I suppose they all worship the same God.' This remark kept me cheerful for about a week.
[彼が私の信仰している宗教は何かと尋ねたので,私は「不可知論者」(agnostic)だと答えた。彼はその語はどのように綴るのかと尋ねた。そうしてため息をつきながらこう言った。「まあなんというか,宗教はたくさんあるけど,全ての宗教が同一の神を拝んでいると思いますね」。この一言が,その後の約一週間,私を愉快にしてくれた。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第1章「第一次世界大戦」]

The Shinto religion, which must not be called in question even by university professors, involves history which is just as dubious as Genesis; the Dayton trial pales into insignificance beside the theological tyranny in Japan. There is an equal ethical tyranny; nationalism, filial piety, Mikado-worship, etc., must not be called in question, and therefore many kinds of progress are scarcely possible.
[日本の神道は,大学教授でさえも疑問をさしはさむことが許されないものであり,キリスト教の創世記に劣らぬくらい疑わしい歴史を内容として含んでいる。日本の神学上の圧政に比べれば。デイトン裁判*も顔色を失って瑣末なものとなってしまう。これに劣らぬ道徳上の圧政もある。たとえば,国家主義,親孝行,ミカド信仰(日本の天皇崇拝)などは疑問を懐いてはならないものであり,従って,様々な進歩がおよそ不可能となる。
* 1925年7月,ラッセル『教育論』(1926年)出版の約1年前に,米国テネシー州デイトン市で,高校の理科教師が「進化論」を教えたのは違法行為であるとの訴えがだされ,裁判となったもの。
 出典:ラッセル『教育論』第2章「教育の目的」]

In many ancient cultures, people worshipped a sun-god.
[多くの古代文化では,人々は太陽神を崇拝した。
 出典:宮川幸久『英単語ターゲット1900』p.13]

The islanders still practice nature worship.
[その島民たちは今でも自然崇拝を実践している。
 出典:『新版完全征服 データベース5500 合格 英単語・熟語』p.45]

They bowed their heads in worship. / Some societies practise ancestor worship.
[  出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]

He worshipped at the local mosque.
[  出典:Oxford Advanced Learners Dictionary, 8th ed.]