(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ refrain from [〜をさしひかえる,〜を自制する]
When you hear that so-and-so has said something horrid about you, you remember the ninety-nine times when you have refrained from uttering the most just and well-deserved criticism of him, and forget the hundredth time when in an unguarded moment you have declared what you believe to be the truth about him.
[誰それがあなたの悪口を言ったという話を耳にすると,あなたは,この上なく公平で,十分彼にふさわしい批評を'口に出すのを控えた'99回のことは思い出すが,彼についての真実だと信じていることを,'うっかりして断言(明言)した'100回目のことは忘れてしまっているのである。
 出典:ラッセル『幸福論』第8章「被害妄想」]

I became filled with despairing tenderness towards the young men who were to be slaughtered, and with rage against all the statesmen of Europe. For several weeks I felt that if I should happen to meet Asquith or Grey I should be unable to refrain from murder.
[私は,虐殺される若い人たちに対し,絶望的な思いやり(助けてあげたいが何もしてあげられないという思い)でいっぱいになり,また,ヨーロッパの全政治家たちに対する激しい怒りで満たされた。数週間私は,もしもアスキス(注:第一次世界大戦次の英国首相)やグレイ卿に偶然に出会ったら,殺したい衝動を抑えることはできないだろうと思った。
 出典:ラッセル『自伝』第2巻第1章「第一次世界大戦」]

His great days were due to the passionate friendship between his wife and Queen Anne. Whenever he fought the French he beat them, but he was always ready to refrain from fighting if the King of France made it worth his while.
[彼(モールバラ公)の輝ける日々は,彼の夫人とアン女王との間の熱烈な友情の結果(おかげ)であった。モールバラ公はフランス軍と闘うたびにいつも彼らを打負かした。しかし,フランス王が彼にそれなりの代価を払えば(←モールバラ公の時間を費やすだけの価値を与えれば),彼はいつでも戦闘の手を休める用意があった。
 出典:ラッセル『アメリカン・エッセイ集』の中の「臆病は有利」]

Please refrain from smoking here.
[ここでは禁煙願います。
 出典:森一郎『試験に出る英熟語』p.76]

Please refrain from feeding the monkeys.
[ サルに餌をあたえないでください。
 出典:Kenkyusha's New College English-Japanese Dictionary, 6th ed.]