(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第18章__累積索引 Contents(総目次)
 

第18章 権力を手懐けること, n.25

V

 こうしたことの全ては,経済的な権力資本主義の下資本主義体制下)にある場合よりも,国家が経済的な権力を独占している場合の方が,より重要であるが,それは,国家の(経済に対する)権力は非常に増大されるであろうからである。具体例をあげてみよう。(たとえば)公務についている女性の場合である。現在,彼女たちは不平不満(grievance)を持っているが,それは女性の賃金相場(rates of pay)が男性よりも低いためである。(そうして)彼女たちはこの不平不満を(当局や世間に)知らしめる合法的な方法を持っており,そうした方法を用いたために彼女たちを処罰することは(企業などにとって)安全とは言えないであろう。(しかし)現在の不平等は社会主義の採用によって必然的になくなることを想定するような理由はまったく存在していないが,この不平等について関心を喚起する手段(means of agitating)は,そういう場合(事例)のために適切に作られた明白な規定(express provison 明文)がなければ,なくなるであろう。(社会主義体制下では)新聞印刷所も,全てが政府の所属となるであろうし,政府の命じたもののみが印刷されるということになるであろう。(社会主義)政府が自分たちの政策を攻撃しているものを印刷させることを,確実なこととして仮定できるであろうか? もし,それができないとすれば,印刷によって政治的な注意喚起を行う手段はまったくなくなるであろう。公的な集会も,全てのホールが政府所属ということにでもなれば,同様にまったく困難になるであろう。従って,政治的自由を保護するという明白な目的のための注意深い規定が作られない限り,不平不満を(世間に)知らしめる方法は全くなくなり,政府は,一度(選挙で)選ばれるならば,ヒトラーのように全能となり,いつまでも(to the end of time)再選されるように容易に手配をすることができるであろう。(そうなった場合)民主主義(民主政)は,形としては生き残る可能性はあるが,ちょうどローマ帝国のもとに居残り続けた人民政府(popular government)の種々の形態と同様に,実体のないものとなるであろう(民主主義の形骸化)。

Chapter 18: The taming of Power, n.25

III

All this is more important when the State has a monopoly of economic power than it is under capitalism, since the power of the State will be vastly augmented. Take a concrete case: that of women employed in the public service. At present they have a grievance, because their rates of pay are lower than those of men; they have legitimate ways of making their grievance known, and it would not be safe to penalize them for making use of these ways. There is no reason whatever for supposing that the present inequality would necessarily cease with the adoption of Socialism, but the means of agitating about it would cease, unless express provision were made for just such cases. Newspapers and printing presses would all belong to the government, and would print only what the government ordered. Can it be assumed as certain that the goverrment would print attacks on its own policy? If not, there would be no means of political agitation by means of print. Public meetings would be just as difficult, since the halls would all belong to the government. Consequently, unless careful provision were made for the express purpose of safeguarding political liberty, no method would exist of making grievances known, and the government, when once elected, would be as omnipotent as Hitler, and could easily arrange for its own re-election to the end of time. Democracy might survive as a form, but would have no more reality than the forms of popular government that lingered on under the Roman Empire.
1
(掲載日:2018.06.06/更新日: )