(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第18章__累積索引 Contents(総目次)
 

第18章 権力を手懐けること, n.23

 

U

 単一の組織 −(たとえば)一つの国家− における権力の集中(化)が極端な形の専制政治の弊害を生みだすべきでないとしたら,その組織内の権力広く分散されるべきであること,及び,従属する集団(配下の集団)大幅な自治権(自主性)をもつべきであることは,必須である。民主主義が存在しないで,(中央政府からの)権限委譲(devolution)法律外の処罰(extra-legal punishment)を免れること(immunity 免除)がなければ,経済的権力と政治的権力の連合(coalescence 癒合)は,新たな,ぞっとするような圧政の手段(instrument 道具)に他ならない。(共産主義下の)ロシアにおいては,集団農場の農民が,自分で作った穀物の一部を取れば(無断で私物化すれば),死刑に処せられがちである(注:あくまでもスターリン体制下の1930年代のことです)。このような(厳しい)法律は,何百万という農民が飢餓や飢餓に関連した病気で死んでいった時期に作られたものであった。そうして,飢餓や病気は,ロシア政府が飢饉の緩和策を故意(deliverately)にとらなかったせいで起こったものであった(注:「前掲書」p.492)

Chapter 18: The taming of Power, n.23

II

If concentration of power in a single organization -- the State -- is not to produce the evils of despotism in an extreme form, it is essential that power within that organization should be widely distributed, and that subordinate groups should have a large measure of autonomy. Without democracy, devolution, and immunity from extra-legal punishment, the coalescence of economic and political power is nothing but a new and appalling instrument of tyranny. In Russia, a peasant on a collective farm who takes any portion of the grain that he has himself grown is liable to the death penalty. This law was made at a time when milions of peasants were dying of hunger and attendant diseases, owing to the famine which the goverrment deliberately refrained from alleviating. (note: Ibid., p. 492.)
1
(掲載日:2018.06.04/更新日: )