(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第18章__累積索引 Contents(総目次)
 

第18章 権力を手懐けること, n.4

T

 けれども,民主主義は,必要なものではあるが,権力を手懐けるために必要な唯一の政治的条件では決してない。民主主義国において,多数派少数派に対し,冷酷かつ全く不要な暴政をふるうことがありうる(訳注:in a democracy: 可算名詞としての democracy は「民主主義国」)。1885年から1922年までの期間,大英帝国政府は(女性を対象から除外したことを別にすれば)民主的であったが,しかし、アイルランドの抑圧を妨げなかった(=アイルランドに対する抑圧を継続した)。一国家の中の少数派(注:日本で言えばアイヌ)だけでなく,宗教的あるいは政治的な少数派も,迫害される可能性がある。少数派の保護は,秩序ある政治と両立できるものである限り,権力を手なづけておくことの必須の部分である。

 これには,社会が(一つの)全体として行動しなければならない問題画一性(画一であること)が不要な問題についての考慮が必要である。集団的決定(注:a collective decision: 集団行動をするために必要な意思決定)が欠かせない最も明白な問題は,本質的に,地理的な問題である。(即ち)道路,鉄道,下水道,ガス管等は,一つの進路をとらなければならず,別の進路をとるわけにいかない。衛生上の予防(措置),たとえば疫病や狂犬病に対する予防(措置)は,やはり地理的な問題である。クリスチャン・サイエンティストたち(注:Christian Scientist: 信仰療法を特色とするキリスト教の一派で,19 世紀中ごろに米国に起こった)が,自分たちは(信仰上の理由で)感染症に対する予防措置はとらないと世間に公告することはしないであろう。なぜなら,そうした人たちは自分たち以外の人々に病気を感染させる可能性があるからである。戦争もまた,内乱ででもないかぎりは,地理的な現象であり,たとえ内乱であっても,まもなく,甲の地域は一方の側に支配され,乙の地域は他方の側に支配されるということが起こる(ものである)。

 たとえば1922年以前のアイルランド人のように,地理的に集中して少数派が存在していいる場合には,権限委譲(devolution)によって多くの問題を解決することが可能である。(注:1922年,イギリスはロイド=ジョージ内閣の時,北アイルランドを除きアイルランド自治国の成立を認めた。ちなみに、みすず書房版の東宮訳では devolution を「移送」と訳しており、東宮氏は意味を理解していたかどうか疑われる。) しかし,少数派が当該地域において散らばっている時には,このやり方はほとんど適用できない。キリスト教徒モハメッド教徒が並んで生活しているところでは,確かに結婚に関する法律は別々のものを持っているとしても,しかし,宗教に関係するものを除いて,彼らは皆一つの政府に従わなければならない。神学上の一律性は国家にとって必要なものではなく,新教徒(プロテスタント)旧教徒(カトリック)も一つの政府のもとで平和に暮らしていけるということが,今日,徐々に発見されてきた。しかし,これは,宗教改革以後の最初の130年間は,事実ではなかった。

Chapter 18: The taming of Power, n.4

I

Democracy, however, though necessary, is by no means the only political condition required for the taming of power. It is possible, in a democracy, for the majority to exercise a brutal and wholly unnecessary tyranny over a minority. In the period from 1885 to 1922, the government of the United Kingdom was (except for the exclusion of women) democratic, but that did not prevent the oppression of Ireland. Not only a national, but a religious or political minority may be persecuted. The safe-guarding of minorities, so far as is compatible with orderly government, is an essential part of the taming of power.

This requires a consideration of the matters as to which the community must act as a whole, and those as to which uniformity is unnecessary. The most obvious questions as to which a collective decision is imperative are those that are essentially geographical. Roads, railways, sewers, gas mains, and so on, must take one course and not another. Sanitary precautions, say against plague or rabies, are geographical : it would not do for Christian Scientists to announce that they will take no precautions against infection, because they might infect others. War is a geographical phenomenon, unless it is civil war, and even then it soon happens that one area is dominated by one side, and another by the other.

Where there is a geographically concentrated minority, such as the Irish before 1922, it is possible to solve a great many problems by devolution. But when the minority is distributed throughout the area concerned, this method is largely inapplicable. Where Christian and Mohammedan populations live side by side, they have, it is true, different marriage laws, but except where religion is concerned they all have to submit to one government. It has been gradually discovered that theological uniformity is not necessary to a State, and that Protestants and Catholics can live peaceably together under one government. But this was not the case during the first 130 years after the Reformation.
1
(掲載日:2018.05.08/更新日: )