(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第16章__累積索引 Contents(総目次)
 

第16章 権力哲学, n.4

 以上述べたことの全ては「観念論」として知られており,外界の実在を認める哲学に比べて,道徳的により高尚だと考えられている。(注:皮肉です。)

 私自身の意志から独立しているもの(依存していないもの)の実在は,哲学にとっては,「真理」という概念の中に具現化される(されている)。私(自分)の信念の真理性(真であるか否か)は,常識的見地から言えば,大部分の場合において、私(自分)が為すことができることには依存しない。確かに,私が明日(も)朝食をとろう(食べよう)と信じたとすれば,それが正しいとすれば(=実際に食事をすれば),この私の信念は,ある程度は(partly ← 絶対的ではない,というニュアンス)私自身の未来の意志の力で(in virtue of ~のおかげで)正しいものとなる。しかし,もし私が,シーザー(カエサル)アイズ・オブ・マーチ(注:ides of march シーザーが暗殺された紀元前44年3月15日に殺されたと信ずるならば,私の信念を正しいものとするのは,まったく私の意志の力の外にある。権力愛によって鼓舞されている哲学は,このような事態を不快と気づき,それゆえ,いろいろなやり方で,信念における真偽の源泉として事実をとらえるという常識的な考えを土台から削り取る(undermine 徐々に損なう)仕事に着手するのである。ヘーゲリアンは,真理事実と一致することにあるのではなく,我々の諸信念の全体系の相互の一貫性(信念相互に矛盾がなく一貫していること)の中にあると主張する。(即ち)あなたの全ての信念は,よい小説の中のいろいろな出来事のように,それらの出来事がお互いにうまく整合していれば正しい,ということになる。事実,小説家の真理と歴史家の真理との問にはまったく違いがない(ということになる)。これが,創造的な空想への自由をあたえ,創造的空想は想定上の「現実」世界足かせから(我々を)解放するのである。

Chapter 16: Power Philosphies, n.4

All this is known as 'idealism', and is considered morally nobler than a philosophy which admits the reality of the external world.

The reality of what is independent of my own will is embodied, for pllilosophy, in the conception of 'truth'. The truth of my beliefs, in the view of common sense, does not depend, in most cases, upon anything that I can do. It is true that if I believe I shall eat my breakfast tomorrow, my belief, if true, is so partly in virtue of my own future volitions; but if I believe that Caesar was murdered on the Ides of March, what makes my belief true lies wholly outside the power of my will. Philosophies inspired by love of power find this situation unpleasant, and therefore set to work, in various ways, to undermine the common-sense conception of facts as the sources of truth or falsehood in beliefs. Hegelians maintain that truth does not consist in agreement with fact, but in the mutual consistency of the whole system of our beliefs. All your beliefs are true if, like the events in a good novel, they all fit together; there is, in fact, no difference between truth for the novelist and truth for the historian. This gives freedom to creative fancy, which it liberates from the shackles of the supposed 'real' world.
1
(掲載日:2018.03.30 /更新日: )