(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.29

 我々は今や,社会生活における反乱(rebellion 謀反)の役割(place 場所;地位;位置)に関して,何らかの結論に達することができる(できそうである)。反乱(謀反)には二種類ある。即ち,それ(反乱)は、純粋に個人的なものかも知れないし,自分の属する社会とぜんぜん異なった社会を望む気特に鼓舞されたものかも知れない。後者の場合には,反乱者(謀反人)の欲求は他の人々も共有可能である。多くの場合,それは既存の制度によって利益を得ている少数の者(マイノリティー)を除いて,全ての人々によって共有されてきたものである。この種の反乱(謀反)は,建設的であり,無政府主義的ではない。(つまり)たとえ,この反乱者(謀反人)の運動が一時的な無政府状態に導いたとしても,最終的には,新しい安定した社会を生みだすことが意図されている。この種の反乱者(謀反人)無政府主義的な反乱者とを区別するのは,その反乱者の目的の非個人的な性格である。一般公衆にとって,一つの反乱(謀反)が正当化されるかどうかを決めることができるのは,その(反乱という)出来事の結果(注:the event 最終的な結果)だけである。(つま)その反乱が正当なものだと考えられる時,(反乱勃発)以前に存在した権威(権力)がその反乱に絶望的な(死にもの狂いの)抵抗を試みなかったことは,それ自身の観点から見れば,賢明であったということになるであろう。個人は(人は),既存の方法のもとでよりももっと多くの人類の欲求を充たす生きかた(生活方法)や社会の組織化の方法に気づくかも知れない(注:may percieive 気づくことがある/気づく可能性がある)。もしその人が正しく気づき,人々に自分の改革(案)を採用するように説得できれば,その人は正当化される(正しいとされる)。反乱(謀反)がなければ,人類は停滞し,不正は治療できないであろう。従って,権威(権力)に従うことを拒否する人は,一定の状況下においては,正当な機能を有しているが、その場合,その人の不服従には,個人的な動機よりもむしろ社会的な動機がなければならない。しかし,この問題は,その本来の性質から言って,規則を定めることの不可能な問題である。

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.29

We can now arrive at some conclusion as to the place of rebellion in social life. Rebellion is of two sorts: it may be purely personal, or it may be inspired by desire for a different kind of community from that in which the rebel finds himself. In the latter case, his desire can be shared by others; in many instances, it has been shared by all except a small minority who profited by the existing system. This type of rebel is constructive, not anarchic; even if his movement leads to temporary anarchy, it is intended to give rise, in the end, to a new stable community. It is the impersonal character of his aims that distinguishes him from the anarchic rebel. Only the event can decide, for the general public, whether a rebellion will come to be thought justified ; when it is thought to have been justified, previously existing authority would have been wise, from own point of view, in not offering a desperate resistance. An individual may perceive a way of life or a method of social organization, by which more of the desires of mankind could be satisfied than under the existing method. If he perceives truly, and can persuade men to adopt his reform, he is justified. Without rebellion, mankind would stagnate, and injustice would be irremediable. The man who refuses to obey authority has, therefore, in certain circumstances, a legitimate function, provided his disobedience has motives which are social rather than personal. But the matter is one as to which by its very nature, it is impossible to lay down rules.
1
(掲載日:2018.03.24 /更新日: )