(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.27

 政治上の争い(競争)においてそうであるように,権力は,倫理上の争い(競争)における手段である。しかし,過去において最も大きな影響を及ぼしてきた倫理体系に関して,権力(追求)はその目的ではない(注:あくまでも手段であり,目的ではない。ただし、中小の倫理体系については,権力を目的としたのがあったかも知れない,ということ)。人々は,最近まで,互いに憎みあい,互いに搾取しあい,互いに苦しめあってきたけれども,自分たちと異なった生きかたを説く人々に敬意を払ってきた。普遍性を目指した偉大な宗教(大宗教=キリスト教,イスラム教,仏教など)は,初期の時代の部族信仰国民的信仰を取って代えて,人間を人間として考えユダヤ人としてあるいは(ユダヤ人からみた)異邦人としてとか,囚われの身(奴隷)かあるいは自由の身(自由人=一般市民)とか,考えなかった。これら偉大な宗教の創始者普遍的な同情(心)の持ち主であり,そのために,彼らは世俗的で熱しやすい専制君主たちの知恵をしのぐ知恵を持っていると(人々に)感ぜられた(のである)。その結果は,必ずしも全てが彼ら(教祖たち)が望むことができたものではなかった。(即ち)キリスト教の異端判決宣告式(注:auto de fe 異端審問所で有罪を宣告された異教徒と背教者の懺悔の儀式のことであるが,庶民にとっては異教徒の火刑のことを言うようになった。)において,警察によって暴徒がこの火刑の犠牲者を攻撃するのを防がなければならなかったし,犠牲者が生きたまま火あぶりの刑になるところを見たいと願っていたのに,その犠牲者が遅い(時間を要した)異端信仰撤回によって(by a tardy recantation),まず絞め殺されてからその後に火刑に処される特権を勝ち得た場合には,彼ら暴徒は怒り狂った(のである)。にもかかわらず,(キリスト教の)普遍的な同情(心)の原則は,まず一つの(キリスト教の)管区を征服し(勝利を得),次に別の管区を征服した。この普遍的同情(心)は,ちょうど知性の領域における非個人的な好奇心の,感情の領域における類似物(the analogue)である。この両者は,共に,精神の発達において必須の要素である。私は,部族的あるいは貴族的な倫理への回帰が永続きできるとは考えない。仏陀の時代以来,人間の歴史全体はそれと反対の方向を指している。いかに情熱的に権力を望もうとも,反省的な瞑想の瞬間に善と考えられるものは,権力ではない。このことは,人類が最も神に近いと考えた人たち(教祖など)の特質(特徴)によって証明されている(のである)。

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.27

Power is the means, in ethical contests as in those of politics. But with the ethical systems that have had most influence in the past, power is not the end. Although men hate one another, exploit one another, and torture one another, they have, until recently, given their reverence to those who preached a different way of life. The great religions that aimed at universality, replacing the tribal and national cults of earlier times, considered men as men, not as Jew or Gentile, bond or free. Their founders were men whose sympathy was universa1, and who were felt, on this account, to be possessed of a wisdom surpassing that of temporary and passionate despots. The result was not all that the founders could have wished. At an auto-da-fë, the mob had to be prevented by the police from attacking the victims, and was furious if one whom it had hoped to see burnt alive succeeded, by a tardy recantation, in winning the privilege of being strangled first and burnt afterwards. Nevertheless, the principle of universal sympathy conquered first one province, then another. It is the analogue, in the realm of feeling, of impersonal curiosity in the realm of intellect; both alike are essential elements in mental growth. I do not think that the return to a tribal or aristocratic ethic can be of long duration; the whole history of man since the time of Buddha points in the opposite direction. However passionately power may be desired, it is not power that is thought good in moments of reflective meditation. This is proved by the characters of the men whom mankind have thought most nearly divine.
1
(掲載日:2018.03.22 /更新日: )