(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.13

 敵に対する道徳律(道徳規範)は、時代の違いにより非常に異なっていた問題であるが,その(道徳律が異なっていた)理由は主として時代によって利益生むことができる権力の使用(法)が異なっていたからである(注:権力をどのようにふるえば利益を得られるかは時代によってかなり異なっていた)。この問題について,最初に,旧約聖書が言っているところを聞いてみよう。
(旧約聖書からの引用の訳は、日本聖書教会の訳(1971年刊)から拝借しました。)
「あなたの神,主が,あなたの行って取る地にあなたを導き入れ,多くの国々の民,ヘテびと、ギルガシびと、アモリびと、カナンびと、ベリジびと、ヒビびと、及びエブスびと、即ち,あなたよりも数多く,また力のある七つの民を、あなたの前から追い払われる時,即ち,あなたの神,主が彼らをあなたに渡して,これを撃たせられる時は,あなたは彼らをまったく滅ぼさなければならない。彼らと何の契約もしてはならない。彼らに何の憐れみを示してはならない。また彼らと婚姻してはならない。あなたの娘を彼の息子に与えてはならない。彼の娘をあなたの息子にめとってはならない。それは彼らがあなたの息子を惑わして私に従わせず,他の神々に仕えさせ,そのため主はあなたがたに向かって怒りを発し、すみやかにあなたがたを滅ぼされることとなるからである。」
 もし彼らがこれら(上記)の事柄を全て行うならば、「あなた方の間やあなた方の家畜には,不妊な者や家畜はないであろう」と記されている。(「申命記」第七章,1〜四節及びおよび一四節。)
 これら七つの民に関しては、後の章で、もっと明確にのべられている。
「あなた方は,これらの民の町々では,息のあるものをひとりも生かしておいてはならない。・・・。(そうするのは)彼らが(その神々を拝んで)行った全ての憎むべきことを、あなた方に教えて,それを行わさせ,あなた方の神,主に罪を侵させることのないためである。」(同、第二〇章、一六節、一八節)
 しかし,「遠くはなれている町々,即ちこれらの国々に属さない町々」に対しては、もっと慈悲深く有ることは許される。
「剣(つるぎ)をもってそのうちの男をみな撃ち殺さなければならない。ただし,女、こども、家畜、及びすべてその町のうちにあるもの,即ちぶんどり物はみな、戦利品としてとることができる。」(同章、第一三節−一五節)
 (ここで)我々は、サウルがアマレク人を撃った際、その処置が徹底を欠いていたために、後に至って,トラブル(面倒)を起こしたこと(に関する記述)を思い出すであろう。(即ち):
「(そしてサウルは)アマレク人の王アガグを生けどり、剣(つるぎ)をもってその民をことごとく滅ぼした。しかしサウルと民はアガグを許し、また羊と牛の最もよきもの、および肥えたもの、ならびに小羊と、すべての良いものを残し、それらを滅ぼし尽くすことを好まず,ただ値打ちのない,つまらない物を滅ぼし尽くした。
 その時,主の言葉がサムエルに臨んだ(のぞんだ)、
 「私はサウルを王としたことを悔いる。彼が背いて私に従わず,私の言葉を行わなかったからである。」(「サムエル記上」第一五章、八−一一節)

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.13

The moral code towards enemies is a matter as to which different ages have differed greatly, largely because the profitable uses of power have differed. On this subject, let us first hear the Old Testament.
When the Lord thy God shall bring thee into the land whither thou goest to possess it, and hath cast out many nations before thee, the Hittites, and the Girgashites, and the Amorites, and the Canaanites, and the Perizzites, and the Hivites, and the Jebusites, seven nations greater and mightier than thou ;
And when the Lord thy God shall deliver them before thee; thou shalt smite them, and utterly destroy them; thou shalt make no covenant with them, nor show mercy unto them :
Neither shalt thou make marriages with them; thy daughter shalt thou not give unto his son, nor his daughter shalt thou take unto thy son.
For they will turn away thy son from following me, that they may serve other gods: so will the anger of the Lord be kindled against you, and destroy thee suddenly.
If they do all this, "there shall not be male or female barren among you, or among your cattle. "(note: Deuteronomy vii. 1-4 and 14.)
As regards these seven nations, we are told in a later chapter even more explicitly:
Thou shalt save alive nothing that breatheth... that they teach you not to do after all their abominations (xx.16,18).
But towards "cities which are very far off from thee, and which are not of these nations" it is permissible to be more merciful :
Thou shall smite every male thereof with the edge of the sword: but the women, and the little ones, and the cattle, and all that is in the city, even all the spoil thereof, shalt thou take unto thyself (ibid.,13-I5).
It will be remembered that when Saul smote the Amalekites he got into trouble for being insufficiently thorough :
And he took Agag the king of the Amalekites alive, and utterly destroyed all the people with the edge of the sword.
But Saul and the people spared Agag, and the best of the sheep, and of the oxen, and of the fatlings, and the lambs, and all that was good, and would not utterly destroy them : but everything that was vile and refuse, that they destroyed utterly.
Then came the word of the Lord unto Samuel, saying, It repenteth me that I have set up Saul to be king: for he is turned back from following me, and hath not performed my commandments. (I Samuel xv. 8-11)
1
(掲載日:2018.03.02 /更新日: )