(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第15章__累積索引 Contents(総目次)
 

第15章 権力と道徳律, n.11

 個人道徳(個人的な道徳)は,一般的に言って,(それが)聖職者の公式の道徳よりも厳しくない場合でさえも,公式の聖職者の道徳よりも悪いと想定してはならない。その証拠はいくつかあり,(たとえば)西暦紀元前六世紀に,ギリシア人(一般)の感情が人身御供に強く反対するようになりつつあった時,デルファイの(神託を司る)神官はこの人道主義的な改革を阻止し,そうして旧い厳格な慣習を存続させようとした(という証拠が存在している)。(また)今日,国家や世論が(ある男性が)亡くなった妻の妹と結婚(再婚)するのを許容できると考える時に,教会は,権力を持っている限り,旧来の禁令を維持しようとする(のである)。

 教会が権力を失ったところでは,道徳は,ごく少数の例外的な(傑出した)人々を除いて,純粋に個人的なもの(道徳)にはなってこなかった。大多数の人々にとって,道徳は,世論によって,(つまり)隣人一般の道徳使用者(雇用者)のような力を持ったグループの道徳の両方の,世論によって表わされる(注:その人個人の道徳ではないということ)。罪人(キリスト教の?)の観点から見れば,(教会が権力を失った後の)そのような変化は微々たるものかも知れず,同時により悪いということであるかも知れない。そこでは(教会の権力が失墜している所では),個人が得るものは,罪人としてではなく,判事(裁判官)としてのものである。(即ち)(教会権力失墜後の)人間は,非公式な民主法廷の一部になる(のである)。しかるに,教会が強力な場合には,人間は権威の支配を受け入れなくてはならない。道徳感情の強い新教徒(プロテスタント)は,聖職者(僧侶)の倫理的機能(役割)を奪いとり,他人の美徳と悪徳,特に後者(悪徳)に対し、準政府的な態度を獲得している。
汝,隣人の欠点や愚行を見つけて,
人に告げる以外
他にやることなし
 これは無政府状態ではない。これは民主主義である。
(注:つまり、民主主義の基礎は他人に対する嫉妬心である、ということ)

Chapter 15: Power and Moral Codes, n.11

It must not be supposed that personal morality is in general worse than official priestly morality, even when it is less severe. There is some evidence that when, in the sixth century B.C., Greek sentiment was becoming strongly averse from human sacrifice, the oracle at Delphi tried to retard this humanitarian reform, and to keep alive the old rigid practices. Similarly in our own day, when the State and public opinion consider it permissible to marry one's deceased wife's sister, the Church, in so far as it has power, maintains the old prohibition.

Morality, where the Church has lost power, has not become genuinely personal except for a few exceptional people. For the majority, it is represented by public opinion, both that of neighbours in general, and that of powerful groups such as employers. From the point of view of the sinner, the change may be slight, and may also be for the worse. Where the individual gains is not as sinner, but as judge : he becomes part of an informal democratic tribunal, whereas, where the Church is strong, he must accept the rulings of Authority. The Protestant whose moral feelings are strong usurps the ethical functions of the priest, and acquires a quasi-governmental attitude towards other people's virtues and vices, especially the latter :
Ye've naught to do but mark and tell
Your neighbours' faults and folly.
This is not anarchy; it is democracy.

1
(掲載日:2018.03.01 /更新日: )