(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第14章__累積索引 Contents(総目次)
 

第14章 競争, n.7


ラッセル英単語・熟語1500
 今日最も重要な形の競争は,国家間の競争,特に大国と呼ばれている国家間の競争である。これは(この競争は),権力や富人間の信条に対する支配を求めての全体主義的な競争になってきているが,とりわけ -(敵国の人間に)死刑を課すことは(自国の)勝利に至るための主要な手段となっているので- 生命それ自体を求める競争となっている。この競争を終わらせる唯一の方法(道)は,国家主権と国家の武力(軍事力)を廃止し、その代りに,武力(軍事力)を独占する単一の国際政府を置くことであることは,明らかである。これに対する代替案は,文明国の国民の大多数の死滅,生き残った者たちを欠乏と半ば未開の状態に帰することである。目下のところ,大多数の人々がこの代替案の方を好んでいるようである。

Chapter 14: Competition, n.7

The most important form of competition, at the present day, is between States, especially those that are called Great Powers. This has become a totalitarian competition, for power, for wealth, for control over men's beliefs, but above all for life itself, since the infliction of the death penalty is the principal means to victory. It is obvious that the only way of ending this competition is the abolition of national sovereignty and national armed forces, and the substitution of a single international governmentt with a monopoly of armed force. The alternative to this measure is the death of a large percentage of the population of civilized countries, and the reduction of the remainder to destitution and semi-barbarism. At present, a vast majority prefer this alternative.
1
(掲載日:2018.02.05 /更新日: )