(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第6章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第6章 むきだしの権力 n.24

 迷信以外の方法による統治形態(迷信にたよらずに統治する形態)に対し(国民)一般の同意を勝ち得る方法について考察することは後の章に譲るが,今の段階においては,2,3の予備的な言及をしておくことが適切であろう。第一に,この問題は,本質的に,解決不能の問題ではない。この問題は,アメリカ合衆国においては解決されてきたからである。(この問題が英国で解決されたとはほとんど言えないのは,王位に対する尊敬英国の安定の不可欠の要素であり続けてきているからである。)第二に,秩序ある統治(政治)の長所が(国民)一般に理解されなければならない。このことは,通常,精力的な人間が,立憲的な手段によって,裕福になったり,権力者になったりする機会があることを意味している。精力と能力を併せ持った人々を含む一定の階層(階級)が,望ましい経歴(キャリア)を妨げられている場合には,遅かれ早かれ,叛逆に導きそうな不安定の要素がある。第三に,秩序のための何らかの社会的慣例を慎重に採用する必要があるであろうし,このような慣例には,広範な反対を引き起こすほどの目に余る不正は存在しないであろう。このような慣例は,短期間うまくいくだけで,すぐ伝統的なものとなり,伝統的権力に属する全ての強み(長所)を持つこととなるであろう。

Chapter VI: Naked Power, n.24

I postpone to a later chapter the consideration of methods of winning general consent to a form of government otherwise than by superstition, but a few preliminary remarks will be appropriate at this stage. In the first place, the problem is not essentially insoluble, since it has been solved in the United States. (It can hardly be said to have been solved in Great Britain, since respect for the Crown has been an essential element in British stability.) In the second place, the advantages of orderly government must be generally realized; this will usually involve the existence of opportunities for energetic men to become rich or powerful by constitutional means. Where some class containing individuals of energy and ability is debarred from desirable careers, there is an element of instability which is likely to lead to rebellion sooner or later. In the third place, there will be need of some social convention deliberately adopted in the interests of order, and not so flagrantly unjust as to arouse widespread opposition. Such a convention, if successful for a time, will soon become traditional, and will have all the strength that belongs to traditional power.

(掲載日:2017.07.25/更新日: )