(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル『権力』(松下彰良・訳)

Power, 1938, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Next(次ページ) 第4章_イントロ索引 Contents(総目次)
 

第4章 聖職者(僧侶)の権力 n.29

 今日のアメリカ合衆国においては,古代ギリシア人神託に払った,また,中世(の人々)教皇に対して払った敬意を,合衆国最高裁判所(注:州の最高裁は除く)に対して払っている。合衆国憲法の働き(作用)について研究したことのある人々は,合衆国最高裁判所金権政治を擁護している勢力の一部であることを知っている。しかし,このことをよく知っている者のなかには,金権政治の味方をする者もおり,従って,彼らは合衆国最高裁判所に対する伝統的な敬意を弱めるようなことは何もしない一方,普通のもの静かな市民から見れば,破壊活動家的でありかつロシア共産主義者的(ボルシェヴィキ)だと言われることによって信用されない者もいる。ルターのような人物(a Luther)が合衆国憲法の公式解説者たちの権威を首尾よく攻撃できるようになるには、明白な党派心のさらなるキャリアをかなり積む必要があるだろう。(注:A considerable further career of obvious partisanship の意味がよくわからないので、仮訳としておきます。)

Chapter IV: Priestly Power, n.29

In the United States at the present day, the reverence which the Greeks gave to oracles and the Middle Ages to the Pope is given to the Supreme Court. Those who have studied the working of the American Constitution know that the Supreme Court is part of the forces engaged in the protection of the plutocracy. But of the men who know this, some are on the side of the plutocracy, and therefore do nothing to weaken the traditional reverence for the Supreme Court, while others are discredited in the eyes of ordinary quiet citizens by being said to be subversive and Bolshevik. A considerable further career of obvious partisanship will be necessary before a Luther will be able to attack successfully the authority of the official interpreters of the Constitution.

(掲載日:2017.06.10/更新日: )