(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力-新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第4章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第4章 聖職者(僧侶)の権力 n.21

 (神聖ローマ帝国の王朝である)ホーエンシュタウフェン朝没落したのち,カトリック教会は,数十年の間,西方世界に対するイタリアの支配を再構築したように思われた。貨幣本位(制度)(注: money standard = monetary standard。本位貨幣 standard money の流通量と交換価値を調整する主要な方法)から判断すると,このローマによる支配は,アントニヌス朝(注:ネルウァ=アントニヌス朝は、古代ローマ帝国の王朝で、帝政中期の7人の皇帝の一統、またその治世を指す。 )の時代と,少なくとも,同等に堅固なものであった。即ち,英国とドイツからイタリアへと流れていった歳入は,かつて古代ローマの軍団が手に入れることのできた歳入の額をはるかに越えていた。しかし,このときの歳入は,教皇権に対する敬意という手段によって強要されたものであり,(かつてのように)武力によったものではなかった。
 けれども,教皇アヴィニヨンに移るやいなや,過去三世紀の間勝ち得ていた(教皇に対する)敬意は失われ始めた。これは教皇がフランス王に完璧に従属したせいだけではなく,たとえばテンプル騎士団(注:中世ヨーロッパで活躍した騎士修道会)の抑圧といったような,甚しい残虐行為に教皇が加担したせいでもあった。フランス王フィリップ四世は,財政逼迫にあったので,この修道騎士団(所有)の土地(he lands of this order.)を切望した。そこで全く根拠なく,この騎士団の人々を異端として告発することを決意し,教皇の支援を得て,フランスにいたこの騎士団の人々を捕まえて拷問にかけ,悪魔に忠誠を誓いキリスト受難の像に唾を吐いたという告白を強要し,彼らの多数を焼き殺した(焚刑に処した)し,一方,フランス王は彼らの財産を処分し,教皇のためにも少し抜き取ってあげた(提供した)。このような行為は教皇権の道徳的堕落の始まりとなった。

Chapter IV: Priestly Power, n.21

After the fall of the Hohenstaufen, the Church seemed, for a few decades, to have re-established the rule of Italy over the Western world. Judged by money standards, this rule was at least as firm as in the days of the Antonines -- the revenue that flowed from England and Germany to Rome far exceeded what the Roman legions had been able to extract. But it was extorted by means of the reverence felt for the Papacy, not by force of arms.

As soon as the Popes moved to Avignon, however, they began to lose the respect which they had won during the three preceding centuries. This was due not only to their complete subservience to the King of France, but also to their participation in vast atrocities, such as the Suppression of the Templars. King Philip IV, being in financial difficulties, coveted the lands of this order. It was decided to accuse them, quite groundlessly, of heresy. With the help of the Pope, those who were in France were seized, tortured until they confessed that they had paid homage to Satan and spat upon the crucifix, etc., and then burnt in large numbers, while the King disposed of their property, not without pickings for the Pope. Such deeds began the moral degeneration of the Papacy.


(掲載日:2017.06.01/更新日: )