(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 結婚論 第19章
サディズムとマゾヒズム(松下 訳)

Marriage and Morals, 1929, by Bertrand Russell

Back(前ページ) Forward (次ページ) 第十九章 イントロ索引 Contents(総目次)

第十九章 性と個人の福祉 n.2

 サディズムマゾヒズムも両方とも,穏やかなかたちでは正常なものであるが,有害な表れ方をした場合は,性的な罪悪感と結びついている。マゾヒストは,性に関して自分自身の罪を痛切に意識している人である。サディストは,誘惑者としての女性の罪をいっそう意識している人である。後年に現われるこれらの結果は,幼年期における不当に厳格な道徳教育によって生み出された(植えつけられた)初期(幼児期)の印象(刻印)がどれほど深刻であったかを示している。このことについては,子供の教育,特に幼児の世話にたずさわっている人びとは,前よりも啓発(啓蒙)されてきている。しかし,不幸なことに,啓発(啓蒙)は法廷にまでは及んでいない。

Chapter XIX: Sex and Individual Well-being, n.2

Both sadism and masochism, although in their milder forms they are normal, are connected, in their pernicious manifestations, with the sense of sexual guilt. A masochist is a man acutely conscious of his own guilt in connection with sex. A sadist is a man more conscious of the guilt of the woman as temptress. These effects, in later life, show how profound has been the early impression produced by unduly severe moral teaching in childhood. On this matter, persons connected with the teaching of children, and especially with the care of the very young, are becoming more enlightened. But unfortunately enlightenment has not yet reached the law-courts.
(掲載日:2017.01.16 /更新日: )