(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第十八章 優生学 n.13

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十八章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

第十八章 優生学 n.13

 こうした優生学的なものの見方は,ある並みはずれて科学的な人々個人的な倫理として始まるに違いないが(注:must きっと〜になるだろう),ますます広く受け入れられて,ついには(最終的には),おそらく,望ましい親には報奨金を,望ましくない親には罰金を,という形で法律に具体化されるようになるだろう。
 我々の心の奥底にある個人的な衝動に科学の干渉を許す(認める)という考えは,確かに,とても嫌なものである。しかし,そこに含まれる干渉は,長い間宗教の面で耐えてきた干渉よりもはるかに少ないだろう。科学は,この世界において新しいものであり,伝統による権威も,宗教が幼い頃の我々の大部分のものに及ぼすような影響力も,まだ持っていない。しかし,科学が,同じような権威を獲得し,宗教の教えに対する人びとの態度の特徴になっているのと同じ程度の従順さで,服従されるようになること(人々が科学に服従するようになること)は,十分にありうることである。

 子孫の幸福は,確かに,情熱に駆られている時の普通の人をコントロールするのに十分な動機では決してない。しかし,もしも,子孫の幸福が,(単なる)称賛や非難だけでなく,経済的な賞罰の裁可を伴って、公認の積極的道徳の一部となるなら,まもなく,いかなる品行方正な人も無視できない考慮すべきこと(重要なこと)として受け入れられるようになるだろう。
 宗教は歴史が始まる前から存在してきたが,一方,科学はせいぜい四世紀前から存在しているにすぎない。しかし,科学が年月を経て,尊ばれるようになれば,宗教と同じように,我々(人間)の生活をコントロールするだろう。人間精神の自由を好む人々は皆,科学の暴政に反逆しなければならない時期がくることを,私は予感する。にもかかわらず,暴政が避けられないとすれば,その暴政は科学的なものであるほうがよい。(注:科学の暴政は,科学を壊すことではなく,科学的な思考によってコントロースするほうがよい。)

Chapter XVIII: Eugenics, n.13

This eugenic outlook, although it must begin as the private ethic of certain unusually scientific people, is likely to grow more and more widespread, until at last it comes to be embodied in the law, presumably in 'the form of pecuniary rewards to desirable parents, and pecuniary penalties to such as are undesirable.

The idea of allowing science to interfere with our intimate personal impulses is undoubtedly repugnant. But the interference involved would be much less than that which has been tolerated for ages on the part of religion. Science is new in the world, and has not yet that authority due to tradition and early influences that religion has over most of us ; but it is perfectly capable of acquiring the same authority and of being submitted to with the same degree of acquiescence that has characterized men's attitude towards religious precepts. The welfare of posterity is, it is true, a motive by no means sufficient to control the average man in his passionate moments, but if it became a part of recognized positive morality, with the sanction not only of praise and blame but of economic rewards and penalties, it would soon come to be accepted as a consideration which no well-conducted person could afford to ignore. Religion has existed since before the dawn of history, while science has existed for at most four centuries; but when science has become old and venerable, it will control our lives as much as religion has ever done. I foresee the time when all who care for the freedom of the human spirit will have to rebel against a scientific tyranny. Nevertheless, if there is to be a tyranny, it is better that it should be scientific.
(掲載日:2017.01.13/更新日: )