(本館)  (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 結婚論 第18章
優生学の目的及び意義(松下 訳)

Marriage and Morals, 1929

Back(前ページ) Forward (次ページ) 第十八章 イントロ索引 Contents(総目次)

第十八章 優生学 n.1


ラッセル英単語・熟語1500
 優生学は,計画的な方法によって,種(動植物の品種)の生物学的特質改善しようとする試みである。その基礎となっている思想はダーウィンの説(に由来するもの)であり,まことにふさわしいことに,優生学協会の会長は,チャールズ・ダーウィンの息子である。しかし,優生学的思想のもっと直接の生みの親(progenitor 元祖,創始者)は,フランシス・ゴールトンであり,彼は人間の業績における遺伝的要因力説した。現代においては,特にアメリカにおいてはそうであるが,遺伝は党派的な問題(政治問題)になっている。アメリカの保守党員(American Conservatives C が大文字になっているので共和党員のことか?)は,成人完成された性格は主に先天的な特徴(congenital characteristics)による,と主張するのに対して,アメリカの急進派の人々は,その反対に,教育こそすべてであり,遺伝などはまったく影響しない,と主張する。私は,この二つの極端な立場のどちらにも賛成できないし,また,彼ら(両者)に共通に見いだされる,正反対の偏見 −即ち,イタリア人や南スラブ人の類は,完成品として,KKK(クー・クラックス・クラン)に属する原地生まれのアメリカ人よりも劣っているという偏見− を生み出している前提にも賛成できない
 人間の精神能力(mental capacity 知的能力)について,どの部分が遺伝に起因し,どの部分が教育に起因するのかを決定するデータは,いまのところ存在していない。この問題を科学的に決定しようとするならば,何千組もの一卵性双生児(identical twins)を選び,生まれたときから別々にして,可能なかぎり多様な方法で幅広いやり方で教育することが必要であろう。けれども,現在では,このような実験は実行可能ではない。
 私自身の信念は,非科学的で,印象のみに基づいているものであることを認めざるをえないが,誰でも悪い教育によって損なわれる恐れがあるし,また,事実ほとんどすべての人が損なわれているが,(他方)一定の生まれつきの才能のある人たちのみが,いろんな方面で大いに傑出することができる,というのが私の信念である。どのような程度の教育をしたとしても,平均的な少年一流のピアニストに変えることができるとは信じられない。(また)世界最良の学校であったとしても,我々全てをアインシュタインにすることができるとは,私には信じられない。ナポレオンが,生まれつきの資質の面で,ブリアンヌ(Brienne)の学友よりもすぐれていなくて,彼の母が手に負えない息子たちをうまくさばくのを見て戦術を覚えただけだ,とは信じられない。このような場合には,また,それほどではなくても能力にかかわるあらゆる場合には,生来の素質というものが存在し,それが,並みの素材を扱った場合よりもよい結果を教育に挙させることができるのだ,と私は確信している。
 実際,この結論を裏づける明白な事実がある。たとえば,ある人が賢いか馬鹿であるかは,通例,頭の形でわかるというような事実であるが,頭の形は,まず,教育によって授かった特徴とみなすことはできない。それから,また,反対の極端な場合(例),つまり,白痴低能精神薄弱の場合を考えてみよう。最も狂信的な優生学反対論者でさえ,白痴は,少なくとも大部分の場合(例)においては,先天的なもの(congenital 生まれつきのもの)であることを否定しない。そうして,統計学的対称(釣り合い/調和)の分かる人(感覚のある人)には,このことは,反対の極にも,それに対応する比率(割合)の異常にすぐれた能力を備えた人がいるということを含意している(意味として含んでいる。
 それゆえ,これ以上ごちゃごちゃ言わずに,人間は先天的な精神能力の点で互いに異なる,と想定することにしよう。また,これは,もっと疑わしいかもしれないが,賢い人はその反対の人よりも好ましいと想定することにしよう。この二つの点が認められたなら,優生学者の主張の基礎が築かれたことになる。従って,我々は,一部の主張者(擁護者)の言い分の詳細(細部)についてどう考えるにせよ,その立場全体を鼻先で軽くあしらってはならない(pooh -pooh the whole position)。

Chapter XVIII: Eugenics, n.1

Eugenics is the attempt to improve the biological character of a breed by deliberate methods adopted to that end. The ideas upon which it is based are Darwinian, and, appropriately enough, the President of the Eugenics Society is a son of Charles Darwin ; but the more immediate progenitor of eugenic ideas was Francis Galton, who strongly emphasized the hereditary factor in human achievement. In our day, especially in America, heredity has become a party question. American Conservatives maintain that the finished character of a grown man is mainly due to congenital characteristics, while American Radicals maintain, on the contrary, that education is everything and heredity nothing. I cannot agree with either of these two extreme positions, nor with the premise which they share and which gives rise to their opposite prejudices, namely that Italians, South Slavs, and such are inferior, as finished products, to the native-born Americans of the Ku Klux Klan. No data exist as yet for determining, in regard to human mental capacity, what part is due to heredity and what to education. If the matter were to be scientifically determined, it would be necessary to take thousands of pairs of identical twins, separate them at birth, and educate them in ways as widely divergent as possible. At present, however, this experiment is not practicable. My own belief, which I confess to be unscientific and based merely upon impressions, is that, while anybody can be ruined by a bad education, and in fact almost everybody is, only people with certain native aptitudes can achieve great excellence in various directions. I do not believe that any degree of education would turn the average boy into a first-class pianist; I do not believe that the best school in the world could turn us all into Einsteins ; I do not believe that Napoleon was not superior in native endowment to his school-fellows at Brienne, and had merely learned strategy through watching his mother manage her brood of unruly sons. I am convinced that in such cases, and to a lesser degree in all cases of ability, there is a native aptitude which causes education to produce better results than it does with average material. There are, indeed, obvious facts which point to this conclusion, such as that one can generally tell whether a man is a clever man or a fool by the shape of his head, which can hardly be regarded as a characteristic conferred by education. Then again, consider the opposite extreme, that of idiocy, imbecility, and feeblemindedness. Not even the most fanatical opponent of eugenics denies that idiocy is, at any rate in most cases, congenital, and to any person with a feeling for statistical symmetry, this implies that at the opposite end also there will be a corresponding percentage of persons with abnormally great capacity. I shall therefore assume without more ado that human beings differ in regard to congenital mental capacity. I shall assume also, what is perhaps more dubious, that clever people are preferable to their opposite. These two points being conceded, the foundations are laid for the eugenists' case. We must not, therefore, pooh-pooh the whole position, whatever we may think of some'of the details in certain of its advocates.
(掲載日:2016.12.24/更新日: )