(本館) (トップ) (分館)

Portal Site for Russellian in Japan

ラッセル『結婚論』(松下彰良・訳)

Marriage and Morals, 1929

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十七章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

第十七章 人口(問題) n.10

 人口問題には,このようにして,二つの面がある(二重の意味がある)。我々は,あまりにも急速な人口の増加も止めなければならないし,同時に,人口の減少もまた止めなければならない。前者(人口急増)の危険は古くからのものであり,いまだに,ポルトガル,スペイン,ロシア,日本(注:1929年執筆時の状況)などの多くの国に残っている。後者(人口減少)の危険は新しいものであり,いまのところ,西ヨーロッパにだけ存在している。アメリカ人口(人間の)繁殖だけに頼っているのなら,人口減少の危険はアメリカにもあるだろうが,これまでは,アメリカ原地生まれのアメリカ人の出生率が非常に低いにもかかわらず,アメリカの人口は,(海外からの)移民のため,少なくとも望ましい程度の速さで増加してきている。新たな危険,つまり,人口減少の危険は,我々の先祖伝来の考え方に適合しないものである。その危険は,(これまで)道徳的な説教(moral homilies)や産児制限の宣伝を禁止する法律によって対処してきた(対処されてきた)。そのような方法は,統計が示しているとおり,まったく役に立っていない。避妊用具の使用は,すべての文明国の共通の慣習の一部になっており,現在では(人口増加のためということで)根絶することはできない。性に関係した事柄については事実を直視しない習慣政府要人(重要人物)に深く根をおろしているので,その習慣が急になくなるとは考えられない。けれども,その(悪い)習慣は,非常に望ましくないものなので,現在(現時点で)若い人たちが重要な地位についた時(頃)には,この点において(は),父や祖父よりもましになる,と期待してよいと思われる。彼らが避妊の習慣は避けられないものであり,また,現実の人口減少を引き起こさないかぎりその習慣は望ましいことを率直に認めることを期待してよいだろう。
 いかなる国においても,現実の人口減少の脅威がある場合に採るべき適切な道は,明らかに,出生率現在の人口を維持する点に達するまで,試行的に、子供の(出産・養育の)ための経済的な負担を減らしてみることだろう。

Chapter XVII: Population, n.10

The population question is thus twofold. We have to guard against too rapid an increase of population, and we have also to guard against a decrease. The former danger is old, and exists still in many countries such as Portugal, Spain, Russia, and Japan. The latter danger is new, and exists as yet only in Western Europe. It would exist also in America if America depended for its population upon breeding alone, but hitherto immigration has caused the population of America to increase at least as fast as is desirable, in spite of a very low birth-rate among native-born Americans. The new danger, that of a dwindling population, is one to which our ancestral habits of thought are not adapted. It has been met by moral homilies and by laws against birth-control propaganda. Such methods, as the statistics show, are quite unavailing. The use of contraceptives has become part of the common practice of all civilized nations, and cannot now be eradicated. The habit of not facing facts where sex is concerned is so deeply rooted in Governments and important persons that it cannot be expected to cease suddenly. It is, however, a very undesirable habit, and I think it may be hoped that, when those who are now young acquire positions of importance, they will be better in this respect than their fathers and grandfathers. One may hope that they will frankly recognize the inevitability of contraceptive practices, and their desirability so long as they do not cause an actual diminution of population. The proper course in any nation which is threatened with an actual decrease is obviously an experimental diminution of the financial burden of children until the point is reached where the birth-rate is such as to maintain the existing population.
(掲載日:2016.12.22/更新日: )