(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 結婚論 第15章
ソビエト・ロシアの家族(松下彰良 訳)

Marriage and Morals, 1929, by Bertrand Russell

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第十五章 イントロ索引 Contents(総目次)

 第十五章 家族と国家 n.4

 ソビエト・ロシアでは,もっと根本的な(徹底的)な家族の変容(変質)が構想されてきたが,人口の80%農民が占めており,農民の間では,家族は,いまだ,中世の西ヨーロッパで見られたように強力であることを考えると,共産主義者の理論は,比較的狭い都市部にしか影響を及ぼしそうにない。それゆえ(従って),ロシアにおいては,これまで資本主義国で考察してきた状況と正反対の状況が見いだされる。すなわち,家族なしで済まそうとする上流階級と,家族を保持している下層階級である。

Chapter XV: The Family and the State, n.1

More radical transformations of the family have been envisaged in Soviet Russia, but in view of the fact that eighty per cent. of the population consists of peasants, among whom the family is still as strong as it was in Western Europe in the Middle Ages, the theories of Communists are likely to affect only a comparatively small urban section. We may therefore get in Russia the exact antithesis to the situation we have been considering in capitalistic countries, namely an upper class which dispenses with the family and a lower class which retains it.
(掲載日:2016.11.16/更新日: )