(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA25-050)(松下彰良・訳)

Back Next  Part II(Causes of Happiness), Chap. 14(Work)   Contents (総目次)
 偉大な建設的な事業(企て)の成功から得られる満足(感)は、人生が与える最も大きな満足の一つである。ただし、不幸なことに、最高の形の満足は、特別な才能に恵まれた人びとだけが味わうことができる。結局のところ、その仕事は出来が悪かったという証拠が存在しない限り、1つの重要な仕事を見事にやり遂げた幸福(感)を、その人から奪えるものは何ひとつない。そういった満足(感)には、いろんな形がある。灌漑計画(の実施)によって、荒野をバラなどの花々で一杯にした人は、最も明確な(具体的な)形でその幸福を享受する。一つの組織を創設することも、最重要な仕事であり得る。混沌から秩序を作り出すために生涯を捧げたごく少数の政治家の仕事も、同様である。そういう政治家の最高のタイプは、現代ではレーニンである(注:ラッセルは、1920年5月12日から6月17日まで、革命直後のロシアを訪問し、同年、The Practice and Theory of Bolshevism を出版し、革命政府及びレーニンに対し手厳しい批判をしていると同時に、レーニンの功績についても最大限評価している。因みに、大正時代の有名な雑誌『改造』の発行人である山本実彦氏から「世界で一番偉大な人物は誰か」と聞かれ、アインシュタインをあげ、「2番目は?」と聞かれ、レーニンをあげている。)
 最も明らかな例は、芸術家(広義)科学者である。シェイクスピアは、自分の詩について次のように言っている。「人間が呼吸ができ、眼が見える限り、その限り(その間)は、この詩は生き続ける。」 そして、その思いが彼の不幸を慰めたことは疑えない。ソネット集の中で、彼は友人に対する思いが、シェークスピアに(辛い)人生を甘受させたと言っているが、私としては、シェイクスピアが友人に捧げた'ソネット集'のほうが、'友人自身'よりも、この目的(辛い人生を甘受すること)に対していっそう効果的であったのではないか、と思わずにはいられない。偉大な芸術家や偉大な科学者は、それ自体、自らに喜びを与える仕事をしている。そういう仕事をしている限り、尊敬を受ける価値がある人びとから、自分(たち)に対する尊敬が確保され(注:つまり、尊敬してもらいたいと思わない人は除外)、それによって、それらの人びとの思想・感情に対する影響力という、最も根本的な力が与えられる。彼らはまた、自分たちのことを立派な人間だと考える、最大限しっかりした根拠も有している。このような幸運な事情の結合は、いかなる人間も幸福にするのは当然である、と人は思うだろう。しかし、それにもかかわらず、実はそうではない。たとえば、ミケランジェロ(Michaelangelo)は、心の底から不幸な人間であった。そして、無一文の親類の借金を払わなくてよかったなら、苦労して芸術作品を作り出しはしなかっただろうと主張した(これは、私は、彼の本当の気持ちだとは思っていない。)。偉大な芸術を生み出す力は、いつもそうだと言うわけではないが、非常にしばしば気質的な不幸と結びついており、その不幸は大きなものであり、もしも芸術家が仕事から得る喜びがなければ、自殺に駆り立てるであろうほどのものである。それゆえ、私たちは、最も偉大な仕事でさえ人を幸福にするにちがいない、とは主張できない。ただ、そういう仕事は、人の不幸を軽減するにちがいない、と主張できるだけである。だが、科学者が気質的に不幸であることは、芸術家の場合よりもずっと少なく、概して、科学の分野で偉大な仕事をする人びとは、幸福な人びとであり、彼らの幸福は、第一に彼が携わっている仕事から出てくる。
The satisfaction to be derived from success in a great constructive enterprise is one of the most massive that life has to offer, although unfortunately in its highest forms it is only open to men of exceptional ability. Nothing can rob a man of the happiness of successful achievement in an important piece of work, unless it be the proof that after all his work was bad. There are many forms of such satisfaction. The man who by a scheme of irrigation has caused the wilderness to blossom like the rose enjoys it in one of its most tangible forms. The creation of an organisation may be a work of supreme importance. So is the work of those few statesmen who have devoted their lives to producing order out of chaos, of whom Lenin is the supreme type in our day. The most obvious examples are artists and men of science. Shakespeare says of his verse: 'So long as men can breathe, or eyes can see, so long lives this.' And it cannot be doubted that the thought consoled him for misfortune. In his sonnets he maintains that the thought of his friend reconciled him to life, but I cannot help suspecting that the sonnets he wrote to his friend were even more effective for this purpose than the friend himself. Great artists and great men of science do work which is in itself delightful; while they are doing it, it secures them the respect of those whose respect is worth having, which gives them the most fundamental kind of power, namely power over men's thoughts and feelings. They have also the most solid reasons for thinking well of themselves. This combination of fortunate circumstances ought, one would think, to be enough to make any man happy. Nevertheless it is not so. Michelangelo for example, was a profoundly unhappy man and maintained (not, I am sure, with truth) that he would not have troubled to produce works of art if he had not had to pay the debts of his impecunious relations. The power to produce great art is very often, though by no means always, associated with a temperamental unhappiness, so great that but for the joy which the artist derives from his work he would be driven to suicide. We cannot therefore maintain that even the greatest work must make a man happy; we can only maintain that it must make him less unhappy. Men of science, however, are far less often temperamentally unhappy than artists are, and in the main the men who do great work in science are happy men, whose happiness is derived primarily from their work.

(掲載日:2006.07.09/更新日:2010.5.10
2010.5.10)