(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



The Conquest of Happiness (HA23-090)(松下彰良・訳)

Back Next Part II(Causes of Happiness), Chap. 12(Affection)  Contents (総目次)
* (右ページ)イラスト:読書会案内状から
'自制の効用'は,列車におけるブレーキの効用に似ている。間違った方向に進んでいると気づいた時は役に立つが,方向が正しい時は害になるばかりである。(B.ラッセル)

  相互的な愛情が開花することに対する'心理的・社会的な障害'は,重大な害悪であり,それによって,世界はいつも苦しんできたし,いまなお苦しんでいる。人びとは,与える相手を間違うかもしれないという恐れから,なかなか相手をほめようとはしない。また,人びとは,愛情を注ぐ人(=対象・相手)によって,またはケチをつけたがる世間によって,苦しめられるかもしれないという恐れから,なかなか愛情を注ごうとしない。道徳の名において,また世俗的な知恵の名において,用心(深くあること)を強いられる。その結果,愛情が関わるところでは,寛大さも冒険心も,水を差される。これら全ては,人類に対する'臆病さと憤りを生じさせやすい。なぜなら,(それらの心理的・社会的障害によって)多くの人びとは,真に根本的に必要なものを生涯捕らえ損なうとともに,十中八九まで,幸福になるために不可欠な条件や世間に対する包容力のある態度を捕らえ損なう(逸してしまう)ことになるからである。いわゆる'不道徳な'人たちは,この点で'道徳的な'人たちよりもすぐれている,と考えるべきではない。性的な関係においては,真の愛情と呼べるものは皆無に等しいことが非常にしばしばあり,また,しばしばということではないが,根本的な敵意が存在することさえある。おのおのが自分の心をさらけ出すまいと努めている。おのおのが根本的な孤独を保ち続けている。おのおのが無傷のままでいるゆえに(傷つかないようにしているため),実を結ばない。こういう経験には,根本的な価値はまったくない。私は,こういう経験を注意深く避けるようにと言うわけではない。なぜなら,この目的に必要な措置をとることは,もっと貴重な,深い愛惰が成長可能な機会までも妨げがちであるからである。しかし,真に価値ある唯一の性的な関係は,隠し立てが全然なく,お互いの全人格が融合して,一つの新しい集合的な人格になるような関係のみである,と私は言いたい。用心のあらゆる形のなかで,愛における用心は,多分,真の幸福にとって最も致命的なものだろう。


Obstacles, psychological and social, to the blossoming of reciprocal affection are a grave evil, from which the world has always suffered and still suffers . People are slow to give admiration for fear it should be misplaced; they are slow to bestow affection for fear that they should be made to suffer either by the person upon whom they bestow it or by a censorious world. Caution is enjoined both in the name of morality and in the name of worldly wisdom, with the result that generosity and adventurousness are discouraged where the affections are concerned. All this tends to produce timidity and anger against mankind, since many people miss throughout life what is really a fundamental need, and to nine out of ten an indispensable condition of a happy and expansive attitude towards the world. It is not to be supposed that those who are what is called immoral are in this respect superior to those who are not. In sex relations there is very often almost nothing that can be called real affection; not infrequently there is even a fundamental hostility. Each is trying not to give himself or herself away, each is preserving fundamental loneliness, each remains intact and therefore unfructified. In such experiences there is no fundamental value. I do not say that they should be carefully avoided, since the steps necessary to this end would be likely to interfere also with the occasions where a more valuable and profound affection could grow up. But I do say that the only sex relations that have real value are those in which there is no reticence and in which the whole personality of both becomes merged in a new collective personality. Of all forms of caution, caution in love is perhaps the most fatal to true happiness.

(掲載日:2006.05.22/更新日:2010.5.3)