(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル「幸福に至る道」n.6(終) (松下彰良・訳)

Bertrand Russell : The road to happiness (1952)

前ページ(Forward)

 幸福の全主題が、私の意見によれば,あまりにも厳粛にとり扱われすぎてきた(と思う)。人は、人生観(theory of life)あるいは宗教なくして幸福ではありえないと考えられてきた。おそらく悪しき考え方(人生観)によって不幸になった人は、ちょうど、あなたが病気になったときに強壮剤を必要とするように、回復を助けるためのもっとよい考え方(人生観)が必要だろう。しかし,物事が正常な場合には(うまくいっている場合には)、人は強壮剤なくして健康であろうし、人生観がなくても幸福であろう。真に重要なのは単純なことである。もし,ある人が妻や子供に喜びを見出し、仕事に成功し、日夜及び春秋(季節)の交替に喜びを見い出せば、彼の人生観がどうであれ、彼は幸福だろう。これとは反対に、彼が妻を憎み、子供の立てる騒音に耐えられず、職場を悪夢(の場所)だと思えば、また、昼には夜を待ち望み、夜には昼の光を思ってため息をつくならば、その時に彼に必要なものは新しい人生観ではなく、新しい摂生法、つまり、(いつもと)異なった食事やもっと多くの運動等々であろう。人間は動物であり、人がそう考えたがる以上に、もっと人間の生理により多く依存している。これは地味でつまらない結論ではあるが、私としては,このことを信じざるをえない。不幸な実業家は、人生哲学の想像可能ないかなる変更によるよりも、一日6マイル歩くことによってより幸福が増すであろう、と私は確信する。これは,偶然にも、ジェファーソンの意見であったが、彼はこの根拠に立って、馬の存在を嘆いた。彼が自動車の出現を予知できたなら、言葉が出なかったことだろう。(終()
The whole subject of happiness has, in my opinion, been treated too solemnly. It has been thought that men cannot be happy without a theory of life or a religion. Perhaps those who have been rendered unhappy by a bad theory may need a better theory to help them to recovery, just as you may need a tonic when you have been ill. But when things are normal a man should be healthy without a tonic and happy without a theory. It is the simple things that really matter. If a man delights in his wife and children, has success in work, and finds pleasure in the alternation of day and night, spring and autumn, he will be happy whatever his philosophy may be. If, on the other hand, he finds his wife hateful, his children's noise unendurable, and the office a nightmare; if in the daytime he longs for night, and at night he sighs for the light of day--then what he needs is not a new philosophy but a new regimen--a different diet, or more exercise, or what not. Man is an animal, and his happiness depends upon his physiology more than he likes to think. This is a humble conclusion, but I cannot make myself disbelieve it. Unhappy businessmen, I am convinced, would increase their happiness more by walking six miles every day than by any conceivable change of philosophy. This, incidentally, was the opinion of Jefferson, who on this ground deplored the horse. Language would have failed him if he could have foreseen the motor car.
(掲載日:2015.02.23/更新日:)