(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル「ジョン・スチュアート・ミル」n.8 (松下彰良・訳)

John Stuart Mill, 1955.

前ページ(Back 次ページ(Forward)

 (続き)

 私的資本家は国家によってとって代わられなければならないということを社会主義の意味の一部だと理解している現代(=当時)の読者は,ミル(の著作)を読むときに誤解(誤読)を避けることは困難である。ミルは,マンチェスター学派封建主義的貴族政治との戦いにおいて発展させた国家への不信をすべて保持(維持)していた。また,彼がそこから引き出した不信の念は,彼の自由への熱烈な信仰によって強化された。政府の権力(国家権力)は常に危険である,と彼は言う。彼は,国家権力は減少するだろう,と確信する。将来においては,これまで存在してきた程度(量)の政府干渉を信用する(承認する)ことは不可能であろうと主張する。この種の記述を読むのは苦痛である。なぜなら,それは将来の発展の方向をそのおおざっぱな輪郭ですら予見することの不可能さを我々に実感させるからである。このことについてある程度正確に将来を予見した19世紀唯一の著作家はニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844-1900:ドイツの古典文献学者、哲学者)であったが,それは彼が他の人たちより賢かったからではなく,起こりつつあった憎むべきことがみな彼の見たいと思っていたことだったからである。オーウェル(George Orwell, 1903-1950:イギリスの作家、ジャーナリスト/ユートピアの逆の,全体主義的国家であるディストピアの世界を描いた『1984年』で有名)のような予言者たちが,(彼らが)希望したというよりはむしろ恐れたことを予言し始めたのは,幻想から覚まされた我々の時代(現代)になってからのことである。
 ミルは,予言においても希望においても,大規模な組織の増大しつつあるカ(権力)を予見できなかったことによって,誤った方向に進んでしまった。このことは経済においてばかりでなく他の領域についてもあてはまる。たとえば彼は,国家は一般教育の重要性を強調すべきであるが,国家自身は教育(活動)自体を行うべきではない,と主張した。初等教育に関するかぎり,国家に代わる唯一つの重要なものは教会であるということを彼は決して悟らなかった(注:ラッセルは宗教を否定するので、ここはもちろん、「教会になってしまう」といったニュアンス)。そして教会が初等教育の主体になるようなことは,彼がほとんど好まなかったことであろう。
To readers of our time, who take it as part of the meaning of Socialism that private capitalists should be replaced by the State, it is difficult to avoid misunderstanding in reading Mill. Mill preserved all the distrust of the State which the Manchester School had developed in fighting the feudal aristocracy; and the distrust which he derived from this source was strengthened by his passionate belief in liberty. The power of governments, he says, is always dangerous. He is confident that this power will diminish. Future ages, he maintains, will be unable to credit the amount of government interference which has hitherto existed. It is painful to read a statement of this sort, since it makes one realize the impossibility of foreseeing, even in its most general outlines, the course of future development. The only nineteenth-century writer who foresaw the future with any approach to accuracy was Nietzsche, and he foresaw it, not because he was wiser than other men, but because all the hateful things that have been happening were such as he wished to see. It is only in our disillusioned age that prophets like Orwell have begun to foretell what they feared rather than what they hoped.
Mill, both in his prophecies and in his hopes, was misled by not foreseeing the increasing power of great organizations. This applies not only in economics, but also in other spheres. He maintained, for example, that the State ought to insist upon universal education, but ought not to do the educating itself. He never realized that, so far as elementary education is concerned, the only important alternative to the State is the Church, which he would hardly have preferred.
(掲載日:2015.12.18/更新日:)