(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル「ジョン・スチュアート・ミル」n.6 (松下彰良・訳)

John Stuart Mill, 1955.

前ページ(Back 次ページ(Forward)

 U

 『政治経済学原理(経済学原理)』(The Principles of Political Economy)は,ミルの二番目の主要著作であった。第一版は1848年に出版されたが,翌年にかなり修正された版が出された。パック氏は,彼の賞賛すべき伝記(The Life of John Stuart Mill, by Michael St. John Packe, 1954)の中で,この2つの版の相違について,言及する必要のある大部分のことを述べている。その相違は,主に社会主義の問題に関係していた(注:Socialism と大文字になっているが,小文字の場合と意味は同じ)。第一版においては,社会主義は従来の(正当的な)見地から批判されていた。しかし,これはテーラー夫人を驚かせ,新しい版が要求された時,彼女はミルに大規模な修正を行わせた。パック氏の本の中で最も価値のあるものの一つは,テーラー夫人に偏見のない光をあてて,彼女のミルに対する影響の源(出所)をついに我々が理解できるようにしたことである。だが,社会主義に対するミルの意見の変化に対するパック氏の批判は,恐らく少し厳しすぎたのではないか,と私は考える。テーラー夫人がこの点で彼のためになしたことは,(ミルが父から)教えられたことではなく(と対立するものとして),彼自身の本性が彼に考えるように導く事柄について考える(注:つまり,自分の頭で考える)ことを可能にしたことである,としか考えられない(考えざるを得ない)。第二版以降に現れる彼の社会主義への態度は決して無批判的なものではない。彼は,それでなお,社会主義者がまともに取り組もうとしないいくつかの困難があることを感じている(のである)。たとえば,彼は次のように言っている,「人類は,生まれつき怠惰であることを見過ごすことは,社会主義者の共通な誤謬である。」この理由で,彼は,社会主義社会が停滞する可能性があることを恐れる。彼は我々の時代(現代)よりも幸福な時代に生きていたのである。(即ち)われわれが停滞のような快適なものを望むことができるとすれば,喜びに満ちた精神的高揚を感ずることであろう(注:このエッセイが発表されたのは,ビキニ水爆事件直後の、またラッセル=アインシュタイン宣言直前の,核戦争の脅威により気を張り詰めていなければいけない時代であった,ということであろう)
The Principles of Political Economy was Mill's second major work. The first edition appeared in 1848, but it was followed by a substantially modified edition in the next year. Mr. Packe, in his admirable biography, has said most of what needs to be said about the difference between these two editions. The difference was mainly concerned with the question of Socialism. In the first edition, Socialism was criticized from the point of view of the orthodox tradition. But this shocked Mrs. Taylor, and she induced Mill to make very considerable modifications when a new edition was called for. One of the most valuable things in Mr. Packe's book is that he has at last enabled us to see Mrs. Taylor in an impartial light, and to understand the sources of her influence on Mill. But I think perhaps Mr. Packe is a little too severe in criticizing Mill for his change as regards Socialism. I cannot but think that what Mrs. Taylor did for him in this respect was to enable him to think what his own nature led him to think, as opposed to what he had been taught. His attitude to Socialism, as it appears in the later editions of the book, is by no means uncritical. He still feels that there are difficulties which Socialists do not adequately face. He says, for example, "It is the common error of Socialists to overlook the natural indolence of mankind"; and on this ground he fears that a Socialist community might stagnate. He lived in a happier age than ours: we should feel a joyful ecstasy if we could hope for anything as comfortable as stagnation.
(掲載日:2015.12.16/更新日:)