(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル「ジョン・スチュアート・ミル」n.4 (松下彰良・訳)

John Stuart Mill, 1955.

前ページ(Back 次ページ(Forward)

 現代物理学は,古い意味での帰納法をまったく使わない。現代物理学は,精確な意味において,真であることをよそおうことなしに,巨大な理論を創り,それを新しい理論を必要とする新事実が現れるまで仮説として(仮に真として)使う(のである)。現代の物理学者が(個々)の理論に要求するものの全ては,知られている諸事実に合っていることであり,それゆえに,現在は論駁することのできない(ものである)。帰納法の問題は、その伝統的な形態では、大部分の理論物理学者によって解決不能として放棄されてきている。彼らがこの点で正しいとは全く信じていないが,私は,この帰納法の問題に関して,ミルがそうであると想像したものとは非常に異なっているということを,明白に証明できると考える。
Modern physics does not use induction in the old sense at all. It makes enormous theories without pretending that they are in any exact sense true, and uses them only hypothetically until new facts turn up which require new theories. All that the modern physicist claims for a theory is that it fits the known facts and therefore cannot at present be refuted. The problem of induction in its traditional form has by most theoretical physicists been abandoned as insoluble. I am not by any means persuaded that they are right in this, but I think it is quite definitely demonstrable that the problem is very different from what Mill supposed it to be.
(掲載日:2015.12.14/更新日:)