(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



ラッセル「芸術としての歴史」n.20(終) (松下彰良・訳)

Bertrand Russell : History as an art (1954)

前ページ(Forward)


 人類(人間)はジャングルをなくしましたが(開発して無くしましたが)、ジャングルの法則によって支配されることをまだ許しています。人類(人間)は、人類(humanity)共通の任務という感覚をほとんど持っていません。つまり、過去における人類共通の任務の達成とか、未来におけるさらに偉大かつ可能な人類共通の任務の達成という感覚をほとんど持っていません。人類(人間)は,同胞を共通の目的を持つ協力者と見ないで、相手を殺されないと自分を殺すであろう敵として見ます。自分が属している宗派や政党が何であれ究極的かつ永遠の英知を体現(具現化)しており、反対の党派は、永遠かつ絶対的な愚かさを体現していると信じています。歴史的な教養を持ったいかなる人にとっても、そのような見解(物の見方)は,不合理にみえます(馬鹿げています)。過去のいかなる人類の部分も,自分でそう思ったほど善良ではなかったし、敵によってそう思われたほど邪悪ではありませんでした。しかし,過去においては,人類は、もたつきながらですが、また、一時的に悲惨な後戻りをしつつ、争っていながらも,その共通の目的を達成することができました。しかし、我々の時代(現代)においては、新しい賢さ(例:科学技術)は、新しい知恵が伴うことによってのみ,人類の生存と両立可能です。必要とされる知恵は、一つの意味においてだけ新しいものです。それは人間の諸集団(多くの集団))、特に強大な権力を統御している人たちにアピールするものでなければならないという点です。それは、以前には公言されたことがまったくなかった(か)という意味では、新しいものではありません(注:過去にも公言はされていたので)。それは,多くの時代にわたって(長年に渡って)、賢人によって公言されてきましたが、彼らの英知は心に留められることはありませんでした。今や、英知が夢想家の怠惰な夢にすぎない(もの)として扱うことができる時代は過去のものとなりました。今後来るべき惨害の恐怖によってひどく憂鬱になった時には、私は,時々、世界が必要とするのは、威嚇と最も深い同情とを併せ持った声で,次のように公言する預言者であると考えたくなります。即ち、人類が今進んでいる道は誤った道であり,我々の子供を死に導く道であり、あらゆる希望を消滅に導く道であるが、人類が欲すればたどることのできる別の道があり、この別の道は、過去に存在したいかなるものよりもより良い世界に導くものである,と。
 しかし,予言者のこの洞察は、一時的な慰みを与えることはできますが、世界の必要とするものはもっと困難なことであり、もっと稀なことです。予言者が東側(注:東西冷戦時代のこと)に現れたならば、粛正されるでしょう。もし、西側に現れたならば、東側には聞かれずに、強く非難されて汚名をきせられるでしょう。それがどれほど偉大かつ雄弁であったとしても、世界を救うことのできるのは、いかなる一人の個人の行動によるのではありません。世界の最強の国々の支配者とその追随者たちが、無益な憎悪の泥沼のなかで、恥ずべき死の方向へのみいざなっている鬼火を追跡していたことに気づくようになって(なった時に)始めて世界は救われることができます。集団的な愚行は、まだ全世界にわたってはいません。まったくその愚行に加わっていない国々もありますし、部分的にのみその餌食になっている国々もあります。人類が過去と同様に未来をもつことを希望するのは遅すぎはしません。人々がこの希望を十分にはっきりと感じて、それにダイナイックなカを与えれば、歴史の自覚(歴史を自覚すること)は,そこから慈愛に満ちた訴えを感じとるに違いない最大のカの一つであると,私は信じます。
Although he has abolished the jungle, he still allows himself to be governed by the law of the jungle. He has little sense of the common tasks of humanity, of its achievements in the past and its possible greater achievements in the future. He sees his fellow man not as a collaborator in a common purpose, but as an enemy who will kill if he is not killed. Whatever his sect or party may be, he believes that it embodies ultimate and eternal wisdom, and that the opposite party embodies ultimate and absolute folly. To any person with any historical culture such a view is absurd. No portion of mankind in the past was as good as it thought itself, or as bad as it was thought by its enemies; but, in the past, humanity could achieve its common purposes in spite of strife, though haltingly and with temporarily disastrous setbacks. But in our age the new cleverness is only compatible with survival if accompanied by a new wisdom. The wisdom that is needed is new only in one sense: that it must appeal to masses of men, and above all, to those who control great power. It is not new in the sense that it has never been proclaimed before. It has been proclaimed by wise men for many ages, but their wisdom has not been heeded. Now, the time is past when wisdom could be treated as nothing but the idle dream of visionaries. Sometimes in the moments when I am most oppressed by the fear of coming disaster, I am tempted to think that what the world needs is a Prophet who will proclaim, with a voice combining thunder with the deepest compassion, that the road upon which mankind is going is the wrong road -- a road leading to the death of our children and to the extinction of all hope-- but that there is another road which men can pursue if they will, and that this other road leads to a better world than any that has existed in the past. But, although this vision of a prophet can afford a momentary consolation, what the world needs is something more difficult, more rare. If a prophet were to arise in the East, he would be liquidated; if a prophet were to arise in the West, he would not be heard in the East and in the West would be condemned to obloquy. It is not by the action of any one individual, however great and however eloquent, that the world can be saved. It can be saved only when rulers and their followers in the most powerful countries of the world become aware that they have been pursuing a will-o'-the-wisp which is tempting them only toward ignominious death in a mire of futile hatred. The collective folly is not yet universal. Some nations stand wholly outside it, some are only partially victims to it. It is not too late to hope that mankind may have a future as well as a past. I believe that if men are to feel this hope with sufficient vividness to give it dynamic power, the awareness of history is one of the greatest forces of which the beneficent appeal must be felt.
(掲載日:2016.04.20/更新日:)