(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

ラッセル「芸術としての歴史(書)」n.18 (松下彰良・訳)

Bertrand Russell : History as an art (1954)

前ページ(Forward) 次ページ(Forward)



 偉大な歴史(書)の執筆の衰退は、偉大な本の執筆の衰退の一部にすぎません。現代の科学者は、ニュートンの『プリンキビア』やダーウィンの『種の起源』に匹敵する(比較できる)ような本は書きません。詩人はもはや叙事詩(注:epics 英雄の業績や民族の歴史などを歌った長い詩)を書きません。学問の世界では、あらゆるものが非常に速かに進行し、大規模な(大部の)本は、出版できる前に時代遅れになってしまうでしょう。学問への貢献は、単行本の中には現れずに、定期刊行物に現れており、いかなる学問分野においても、以前偉大な著作がそこから湧きでた(生まれた)ようなゆっくりした探求の時間があると感じている人は、ごく少数のみです。もちろん例外はあります。最も注目すべき人物の一人は、アーノルト・トインビー教授であり、彼の著作は以前のいかなる著作にも匹敵するほど大規模なものです。しかし,そういった例外は,一般的傾向を論駁するほど多くはありません。この傾向は、現在の人類が深淵に向ってあわてふためいているのがなくなってきて世界がある種の進歩の形式に落ち着くまで、続くと思っています。
The decay in the writing of great histories is only part of the decay in the writing of great books. Men of science nowadays do not write books comparable to Newton's Principia or Darwin's Origin of Species. Poets no longer write epics. In the learned world, everything moves so fast that a massive book would be out of date before it could be published. Contributions to learning appear in periodicals, not in separate books, and few men in any branch of learning feel that there is time for that leisurely survey from which great books formerly sprang. There are of course exceptions. One of the most noteworthy is Professor Toynbee, whose work is as massive as any of those of former times. But the exceptions are not sufficiently numerous to disprove the general trend. I suppose the trend will remain until the world settles down to some form of progress less helter-skelter than the present race toward the abyss.
(掲載日:2016.04.17/更新日:)