(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



ラッセル「ジョン・ラッセル卿」n.4(終) (松下彰良・訳)

Bertrand Russell : Lord John Russell (1952)

前ページ(Forward) 次ページ(Forward)


拡大する!

 祖父の住んでいたベンブローク・ロッジはロンドンの中心から約十マイルのところにあるリッチモンド・パークの中心にある家であった。その家は,ビクトリア女王からの贈り物であり,祖父母が生きている間住むために与えられたものであった。この家でたびたび閣議(内閣の会合)が行われ,また、多くの有名人がやってきた。ある時,ペルシャ国王やってきた。そこで,祖父は家が狭いことを詫た。ペルシャ国王は丁寧にこう言った(そうである)。「いや,家は小さいけれども,偉大な人が住んでいます」。この家で私は二歳の時にヴィクトリア女王に会った。当時の中国の儀式用の正装をした3人の中国人外交官やリベリアからきた2人の黒人の使者の訪問に非常に興味を抱いた。応接間には日本政府から祖父に贈られた非常に美しい象眼がほどこされた和机(日本製の机)があった。食堂の食器戸棚には2つの大きな磁器の花瓶が置いてあり,それはザクセン王(注:在位から見て,ザクセン王ヨハンと思われる。)からの贈物だった。テーブルと陶器の飾り棚の間には狭いスペースがあり,そこを無理に通るのは厳しく禁じられていた。そうして,狭いため,そこは常にダーダネルス(海峡)と呼ばれていた。家のどの角も、ドードー(鳥)と同じように,今では遠い昔の何らかの19世紀の事件や制度と結びついていた。私の子供時代のあらゆるものは今では完全に消え去った世界のものであった。(たとえば)だだっぴろいヴィクトリア時代の屋敷は,今ではもはや国王からの贈り物(下賜されたもの)ではなく、ティーショップ(喫茶室)に変ってしまっている。は,以前には子供が隠れることができるような隅(角々)がいっぱいあったが,今では一般に公開されている(公開されてそういう場所はなくなっている)。国家の元首を代理(代表)する(優雅な)宮廷外交官は,今では消え失せるか,(一つの独立国家ではなく)共和国になっている。いかなる決まり文句も深遠にみえる謹言かつ尊大な文人(文学者)たち,とりわけ,安定に対する絶対的な確信は(確信をもっていたので),英国とまったく同じような政体に向かって,世界が秩序立った漸進的な発展をすることは別として,そのほかには,この世界にはいかなる変化も予想されないことは疑いのない自明の理(公理)である,としていた。かつてこのように幸福にも未来に対して盲目であった時代があったであろうか? カサンドラ(注:ギリシア神話に登場するトロイアの王女で悲劇の予言者)は大惨事を正しく予言し,そうして信じられなかった。(我々の)父の世代の人たちは繁栄を間違って予言し,そうして信じられた。彼(ラッセルの祖父)が現在の我々の世界に生まれ帰ってくることができたなら,彼の祖父が19世紀に生き返った時に困惑した場合よりも,(現代の状況を見)より困惑したことだろう(注:みすず書房刊のラッセル『自伝的回想』の中村秀吉訳では「彼が現在の我々の世界にもどることができたら,彼の祖父が19世紀に出逢った場合よりもずっと困惑したことだろう。」となっており,19世紀より前の時代に生きたラッセルの祖父の祖先が19世紀に生き返った場合に困惑する場合と比較すると・・・という主旨をつかみにくい。)強い伝統の雰囲気の中に育った人にとっては,現在の世界に適合することは困難である。この困難を自覚すれば,長年の間存続してきた過去及び現在の帝国や立派な諸制度が,それらが体得している政治的経験が突然役に立たなくなったり、適用できなくなったりして、一掃されることがありえることを理解することができる。この理由により,我々の時代(現代)は多くのものに困惑を生み出しているが,同時に,(もしかすると)新しい思考と新しい想像力の可能な人たちに対し,実りの多い挑戦(状)を提供しているのかも知れない。(終)



PLの庭(拡大!)

1980年現在のPL(拡大!)

Pembroke Lodge, where my grandfather lived, was a house in the middle of Richmond Park about ten miles from the center of London. It was in the gift of the Queen, and was given by her to my grandfather for his lifetime and that of my grandmother. In this house many Cabinet meetings took place and to this house many famous men came. On one occasion the Shah of Persia came and my grandfather apologized for the smallness of the house. The Shah replied politely, "Yes, it is a small house, but it contains a great man". In this house I met Queen Victoria when I was two years old. I was much interested by the visit of three Chinese diplomats in the correct Chinese ceremonial costume of that day; also by the visit of two Negro emissaries from Liberia. There was in the drawing room an exquisite inlaid Japanese table given to my grandfather by the Japanese Government. On sideboards in the dining room there were two enormous porcelain vases, which were presents from the King of Saxony. There was a narrow space between a table and a china cabinet which I was strictly forbidden to squeeze through, and, on this ground, it was always called the Dardanelles. Every corner of the house was associated with some nineteenth-century event or institution which now seems as remotely historical as the dodo. Everything belonging to my childhood was part of a now completely vanished world -- the rambling Victorian house, now no longer in the gift of the sovereign, but turned into a tea shop; the garden, formerly full of nooks and crannies in which a child could hide, but now wide open to the general public; the courtly diplomats representing sovereigns of States now vanished or turned into republics; the solemn pompous men of letters, to whom every platitude seemed profound; and above all, the absolute conviction of stability which made it an unquestioned axiom that no changes were to be expected anywhere in the world, except an ordered and gradual development toward a constitution exactly like that of Britain. Was ever an age so blessedly blind to the future? Cassandra truly prophesied disaster and was not believed; the men of my grandfather's age falsely prophesied prosperity and were believed. If he could come back into our present world he would be far more bewildered than his grandfather would have been by the nineteenth century. For those who have grown up in the atmosphere of a strong tradition, adaptation to the world of the present is difficult. Awareness of this difficulty makes it possible to understand how in the past and in the present great empires and great institutions, which have stood for ages, can be swept away because the political experience that they embody has suddenly become useless and inapplicable. For this reason our age produces bewilderment in many, but offers at the same time a possibly fruitful challenge to those who are capable of new thought and new imagination.
(掲載日:2015.02.02/更新日:)