(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan



ラッセル「明晰な思考のための弁明」n.5 (松下彰良・訳)

A Plea for Clear Thinking (1947)

前ページ(Forward) 次ページ(Forward)


「民主主義」の意味(承前/続き3)

 言葉から情緒を取り除き、明晰な論理的意味でおき代える技術を経験することは,もし興奮させる宣伝の渦中においても平静を保ちたいと望むなら、その人にとって大変役立つであろう。(注:keep one's head 平静を保つ/みすず書房版の中村訳ではこの成句に気づかず「興奮した宣伝の渦中に★頭を突っ込んでいたい★人には・・・」と誤訳している。)1917年に、ウィルソン(米国大統領)は,あらゆる民族国家(nation)は自らの問題を処理する権利を持つという民族自決の大原則を宜言したが、不幸にして彼は「民族国家(nation)」という言葉の定義を添えることを忘れていた。アイルランドは一つの民族国家であったか? 確かに、そうである。(それでは)北東アルスター(注:英国領となっている北アイルランドのこと)は一つの民族国家であったか? プロテスタントはそうだと肯定し、カトリック教徒はそうでないと否定し,そうして辞書は黙った(何も記載されなかった)。今日までこの民族自決の問題は未決のままであり、この問題に関する論争は大英帝国に対する合衆国の政策に影響しがちである。事実,ペトログラードでは、ケレンスキー時代に、ある一軒の家が正当な権利をもって自由のために闘っている民族国家であると自ら宣言し、ウィルソン大統領に独立した議会を与えることを訴えた。けれども,これはゆきすぎだと感じられた。ウィルソン大統領が論理的精確性において訓練されていたら、民族国家はある一定以上の人数の個人をもっていなければならないという脚注を付け加えたことであろう。だが,これは彼の(民族自決の)原則を恣意的なものとし、修辞的な効果を奪ったことであろう。


Experience in the technique of taking the emotion out of words and substituting a clear logical significance will stand a man in good stead if he wishes to keep his head amid the welter of excited propaganda. In 1917, Wilson proclaimed the great principle of self-determination, according to which every nation had a right to direct its own affairs; but unfortunately he forgot to append the definition of the word "nation." Was Ireland a nation? Yes, certainly. Was northeast Ulster a nation? Protestants said yes, and Catholics said no, and the dictionary was silent. To this day this question remains undecided, and the controversies in regard to it are liable to influence the policy of the United States toward Great Britain. In Petrograd, as it then was, during the time of Kerensky, a certain single house proclaimed itself a nation rightly struggling to be free, and appealed to President Wilson to give it a separate Parliament. This, however, was felt to be going too far. If President Wilson had been trained in logical accuracy he would have appended a footnote saying that a nation must contain not less than some assigned number of individuals. This, however, would have made his principle arbitrary and would have robbed it of rhetorical force.

(掲載日:2015.03.05/更新日:)