(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル「人類に害を与えてきた思想(10)」(松下彰良・訳)

Bertrand Russell: Ideas That Have Harmed Mankind,1946

前ページ(Back) 次ページ(Forward)

 これは作り話であり,私がこれまで語ってきた町は架空のものである。しかし,町のかわりに世界に,個人のかわりに国家に置き換えれば,現在(注:1946年の時点でのこと)いたるところで追求されている経済政策の完璧な描写(描像)ができあがるだろう。あらゆる国家が,自国の経済的利益(注:国益!)は他のすべての国家の経済的利害(国益)と対立しており,他の諸国家が窮乏に陥れば,自国はかならず利益を得るに違いない,と信じ込んでいる。最初の大戦(第一次世界大戦)中に,私はよく英国人が次のように言うのをよく聞いたものである。即ち,英国の貿易(trade 通商)は,ドイツの貿易(通商)の崩壊によって莫大な利益を得るだろう。そしてそれは,我が英国(注:あるいは連合国側)が勝利することによって得られる主要な成果の一つでなければならない,と。第一次世界大戦後になって,英国はヨーロッパ大陸に市場を見出すことを歓迎すべきであったが,また,西ヨーロッパの産業生活は(ドイツの)ルール地方の石炭に依存していたけれども,英国はルールの石炭業がドイツの敗北前の生産高のごくわずかの割合以上に生産することを許容する気になれなかったのである。今や世界中を通じて見られる経済的ナショナリズムの全哲学は,次のような誤まった信念に基礎をおいている。すなわち一国の経済的利害は必然的に他国のそれと対立するという信念である。この誤まった信念は,国際的な憎悪と対立を生み出すことによって,戦争の原因となり,そうしてみずから(誤った信念)を真ならしめる(真理だと思わせる)傾きをもつ。なぜなら,ひとたび戦争が勃発すれば,国家的利害の衝突はあまりにも現実的なものになるだけだからである。たとえば製鉄業に従事する誰かに,他の諸国の繁栄がおそらくあなたにとっても有利となるだろう,ということを説明しようとしても,当人にその議論(論拠)をわからせることはまったく不可能であることがわかるだろう。なぜなら彼がいきいきと意識している唯一の外国人というのは製鉄業に従事している競争相手だからである。(競争相手以外の)他の外国人などは,彼がまったく情緒的的関心を抱かない影のような存在なのである。これが,経済的ナショナリズムや戦争や人為的な飢餓などの心理的根源であり,また,人々が自分たちお互いの関係について,より視野が広くよりヒステリックでない見方をするように導びけない限り,我々の文明に悲惨で恥ずべき終えんにもたらすような,その他あらゆる悪弊の根源となっているのである。
This is a fable, and the town of which I have been speaking never existed, but substitute for a town the world, and for individuals nations, and you will have a perfect picture of the economic policy universally pursued in the present day. Every nation is persuaded that its economic interest is opposed to that of every other nation, and that it must profit if other nations are reduced to destitution. During the first World War, I used to hear English people saying how immensely British trade would benefit from the destruction of German trade, which was to be one of the principal fruits of our victory. After the war, although we should have liked to find a market on the Continent of Europe, and although the industrial life of Western Europe depended upon coal from the Ruhr, we could not bring ourselves to allow the Ruhr coal industry to produce more than a tiny fraction of what it produced before the Germans were defeated. The whole philosophy of economic nationalism, which is now universal throughout the world, is based upon the false belief that the economic interest of one nation is necessarily opposed to that of another. This false belief, by producing international hatreds and rivalries, is a cause of war, and in this way tends to make itself true, since when war has once broken out the conflict of national interests becomes only too real. If you try to explain to someone, say, in the steel industry, that possibly prosperity in other countries might be advantageous to him, you will find it quite impossible to make him see the argument, because the only foreigners of whom he is vividly aware are his competitors in the steel industry. Other foreigners are shadowy beings in whom he has no emotional interest. This is the psychological root of economic nationalism, and war, and man-made starvation, and all the other evils which will bring our civilization to a disastrous and disgraceful end unless men can be induced to take a wider and less hysterical view of their mutual relations.



(掲載日:2015.08.19 更新日:)