(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


バートランド・ラッセル(著),毛利可信(訳)『意味と真偽性−言語哲学的研究』
(文化評論出版,1973年1月。417pp.)

* 原著:An Inquiry into Meaning and Truth, 1940)


目 次

 ★原著画像

原著者はしがき
訳者の言葉
訳語の選定について/和英術語対照表
凡例

序論 n.1 / n.2
第1章 語とは何か
   第2章 文・統語法・品詞
第3章 経験を記述する文
第4章 対象言語
第5章 論理語
第6章 固有名
第7章 自己中心的特定体
第8章 知覚と知識
第9章 認識論的前提
第10章 基底命題
第11章 事実前提
第12章 命題に関する諸問題の分析
第13章 文の意味
  A.総論 B.心理 C.統語
第14章 表現としての言語
第15章 文が「指示する」もの
第16章 真偽問題:序論
第17章 「真」と経験
第18章 全称的 Belief
第19章 外延性と原子性
第20章 排中律
第21章 「真」と検証
第22章 意味と検証
第23章 主張力保証性
第24章 分析
第25章 言語と形而上学

付録I.ラッセルの言語観について
付録II.記号論理学解説 索引I.
索引II.