(本館)  (トップ)  (初心者のページ)

バートランド・ラッセルのポータルサイト


寮佐吉(訳)『原子のABC』
(新光社,1925年9月 3+6+205p. 19cm.=四六判)

* 原著:The ABC of Atoms, London; Kegan Paul, 1923. 175 p. 20 cm.)
* 邦訳は,金澤大学所蔵(請求記号:A133.54/R961/a-10)。ただし,落丁あり(pp.87-102)。
 本書のコピー(金沢大学で複写)はもっていますが現物はもっていません。「日本の古本屋」で販売しているものは10,000円(もう1冊は6,300円)もしますので様子見です。)


目次

原著画像

訳者序

第1章 はしがき 冒頭
*「はしがき」と書かれているが,実際は,第1章 Intoroductory のこと
第2章 周期律
第3章 電子と核
第4章 水素のスペクトル
第5章 水素原子の可能なる状態
第6章 量子論
第7章 水素スペクトル詳論
第8章 電子の輪
第9章 X線
第10章 放射能
第11章 核(原子核)の構造
第12章 新物理学と光の波動説
第13章 新物理学と相対性理論
付録  ボーアの水素スペクトルに関する理論