バートランド・ラッセルの言葉

ソーセージ製造機の悲劇
−「自己愛」の危険性

 昔々あるところに、ブタをこれ以上ないほど美味しいソーセージに変えるために精巧に組み立てられた、2台の'ソーセージ製造機'がありました。そのうちの1台は、'ブタヘの熱意'を持ち続け、無数のソーセージを製造しました。もう一台の製造機は、こう言いました。「私にとって、ブタがなんだっていうんだ。私の'仕掛け'のほうが、いかなるブタよりもずっと興味深いし、すばらしい。」 彼はブタの受け入れを拒否し、自分の内部の研究をするための仕事にとりかかりました。自然の食物を失うと、彼の内部は機能しなくなり、研究すればするほど、自分の内部は空虚でおろかであると思われるようになりました。(すると)それまで(ブタをおいしいソーセージに)素晴らしい変換を行ってきた精巧な装置はすべて、止まってしまい、自分はいったい何ができるのかと思い、彼は途方にくれてしまいました。
 出典: ラッセル『幸福論』第11章「熱意」


There were once upon a time two sausage machines, exquisitely constructed for the purpose of turning pig into the most delicious sausages.  One of these retained his zest for pig and produced sausages innumerable; the other said: 'What is pig to me? My own works are far more interesting and wonderful than any pig.' He refused pig and set to work to study his inside. When bereft of its natural food, his inside ceased to function, and the more he studied it, the more empty and foolish it seemed to him to be. All the exquisite apparatus by which the delicious transformation had hitherto been made stood still, and he was at a loss to guess what it was capable of doing.

Source: The Conquest of Happiness, 1930, chap. 11: Zest.
More Info.:http://russell-j.com/beginner/HA22-020.HTM