バートランド・ラッセルの言葉

男女の知能の差

 男性の脳の平均重量が女性の脳の平均重量より大きいことが分ると、それは男性のほうが女性よりもすぐれた知性を持っていることの証拠とされた。さらに象の脳は人間(男性)の脳よりも重いという事実が指摘されると、有名な科学者たちは、自分たちの知力は象並みであると認めたくないので、途方にくれた。またある科学者は、重要なのは脳の重さと体重との比率であると示唆した。しかしこれでは悲惨な結果となる。即ち、女性は全般的に男性よりも賢いことを示すことになると思われる。これではまったくうまくいかない。そこで科学者たちは、重要なのは単なる重量ではなく、脳組織の繊細さであると言った。これもいまだ推測上のことがらであるので、女よりも男が優れているという仮定も可能である。
 出典: ラッセル『アメリカン・エッセイ集』


When it was found that the average weight of a man's brain is greater than that of a woman's, this was held as proof of his superior intellectuality. When it was pointed out that an elephant's brain is even heavier, the eminent scientists scratched their heads since they could not admit that their wits were elephantine. Somebody suggested that the important thing is the proportion of the weight of the brain to the weight of the body. But this had a disastrous result: it seemed to show that women were, on the whole, cleverer than men. This would never do. So they said that it was not mere brute weight that mattered but delicacy of organisation. As this was still a matter conjecture, it could be assumed to be better in men than in women.

Source: Are men of science scientific? Feb. 24th, 1932, in Mortals and Others;Bertrand Russell's American Essays 1931-1935, v.1, 1975.
More Info.:http://russell-j.com/KAGAKSHA.HTM