(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ neat (adj.)【きちんとした;(服装が)こざっぱりした】

* neatly (adj.):きちんと,ごぎれいに;手際よく
* 因みに,いわゆる引きこもりのニートは Not in Education, Employment or Training (就学も,就労も,就職もしていない若者) の頭文字をとった NEET であり,neat とは別物。
I remember sending Whitehead a draft of the beginning, and his reply: 'Everything, even the object of the book, has been sacrificed to making proofs look short and neat.' This defect in my work was due to a moral defect in my state of mind.
[私は,(『プリンキピア・マテマティカ』の)草稿の初めの部分をホワイトヘッドに送ったこと,また「すべてが,この本の目的さえも,証明を簡単できちんとしたものに見えるようにするために,犠牲にされている。」という返事を受け取ったことを記憶している。私の仕事上のこの欠点は,当時の私の精神状態における道徳的欠陥によるものであった。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第6章「プリンキピア・マテマティカ」]

'I have always liked the Chinese, even those that tried to kill me (and some other people) in the yard of a private house in Chentabun, even (but not so much) the fellow who stole all my money one night in Bangkok, but brushed and folded my clothes neatly for me to dress in the morning, before vanishing into the depths of Siam.
[「私はつねに中国人が好きでした。私(と他の何人か)を(タイの)チャンタブリ(注:Chantabun チャンタブン/ Chantaburi チャンタブリ)のある個人の家の中庭で殺そうとした人たちさえ,また(それほど大金ではなかったが)バンコクである夜に私の所持金全てを盗んだ −−しかし,朝私が着物を着られるように,私の衣類にブラシをかけ,きちんとたたみ,タイ(「シャム」はタイの旧国名)の奥地に消えていった−− 連中すら好感を持ちました。・・・。」 (ジョウゼフ・コンラッドからラッセルへの手紙, 1921年)
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第7章「再びケンブリッジ大学へ」]

I see why your room is always so neat and clean.
[君の部屋がなぜいつもこんなにきちんとしていて綺麗なのかわかりました。
 出典:宮川幸久(編著)『英単語ターゲット4訂版』p.64]

neat handwriting / Cats are neat animals. / There are no neat solutions to this problem.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]

a neat desk / She was wearing a neat black suit.
[ 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.]

Someone who is neat keeps their home or possessions tidy, with everything in the correct place.
[ 出典:COBUILD English Dictionary for Advanced Learners, 3rd ed.]