(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


★ ground [(n) 地面;土地;場所,運動場;構内;(しばしば複数形で)根拠,理由;立場;下地 || (v) ・・・に基づかせる;基礎(初歩)を教え込む;・・・を地面に置く]

* 『東工大英単−学・技術例文集』p.133の説明:地面や土から立場や基礎まで,物事の底にあるものを幅広く指す。
* break ground: 耕す;起工(着手)する
* break new ground: 新天地を開拓する;新生面を開く
I wish to propose for the reader's favourable consideration a doctrine which may, I fear, appear wildly paradoxical and subversive. The doctrine in question is this: that it is undesirable to believe a proposition when there is no grounds whatever for supposing it true.
[私は,読者が好意的に考えてくださるものとして,ひょっとすれば,とてつもなく逆説的かつ破壊的と見えるかも知れない1つの説を,提出したいと思う。問題の説というのは,こうである。1つの命題を,真実と考えるべきなんの根拠もない場合,これを信ずることは望ましいことではない,というものである。
 出典:ラッセル『懐疑論』序説冒頭]

When there are rational grounds for an opinion, people are content to set them forth and wait for them to operate. In such cases, people do not hold their opinions with passion; they hold them calmly, and set forth their reasons quietly. The opinions that are held with passion are always those for which no good ground exists; indeed the passion is the measure of the holder's lack of rational conviction.
[ある意見に合理的根拠があれば,喜んでその根拠を説明し,それが効果をあらわすのを待てばよい。自分自身の意見を情熱的に懐く必要はない。落ち着いてそのような意見を懐くようになった理由を静かに説明すれば足りる。情熱的に意見を懐くのは,常に十分な根拠を欠くときである。事実,情熱は意見を懐く者に合理的確信の無さを示す尺度である。
 出典:『ラッセル思想辞典』の中の「懐疑主義」]

The article breaks completely new ground .
[その論文は,まったく新しい分野を開拓している。
 出典:『東工大英単ー科学・技術例文集』p.133]

It was absurd to try to cover so much ground (= talk about so much) in such a short lecture.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]

The fishing boat had been grounded on rocks off the coast of Cornwall.
[ 出典:Oxford Advanced Learner's Dictionary, 8th ed.]