title>ラッセル英単語・熟語:A-92 awe 畏怖,畏敬 - Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

目次

ラッセル英単語・熟語


awe [(v)畏怖させる || (n) 畏怖,畏敬(の念)]

* 尊敬と恐怖が入り混じった感情
* in awe of 〜を畏れはばかって
* awful (adj.):恐ろしい,ひどい;すごい 【 awe + full 】
* awfully (adv.) すごく【thanks awfully どうもどうも】
* awesome (adj.):すごい,すばらしい
Then there was a French cook named Michaud, who was rather terrifying, but in spite of her awe-inspiring qualities I could not resist going to the kitchen to see the roast meat turning on the old-fashioned spit, and to steal lumps of salt, which I liked better than sugar, out of the salt box.
[それからミショーというフランス人のコックがいた。彼女はかなり怖かったが,畏怖心をおこさせるような性格の持ち主であるにもかかわらず,私は,焼き肉用の肉が古風な焼き串に刺さって回転するのを見たり,また,砂糖よりも好きだった食塩の塊を'塩入れ'からそっと盗み取ったりするために,台所にいくのを我慢することはできなかった。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第1章「幼年時代」]

She was a lady who was treated almost with awe by all the family.
[彼女は,家族全員からほとんど畏敬の念をもって扱われていた。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第5章「初婚」]

To be affectionately treated by his mother, or, if she was neglectful by his nurse, was the greatest pleasure of his life, and was only obtainable when he had not been known to sin against the moral code. He therefore came to associate something vaguely awful with any conduct of which his mother or nurse would disapprove.
[母親に愛情をもってかまってもらうこと,あるいは,母親が冷淡な場合には乳母にかわいがってもらうことは,彼にとって,人生の最大の喜びであったが,それは,彼が道徳上の規範にそむかなかった場合にのみ獲得できた。そこで彼は,母親や乳母が非難しそうに思われる行為と漠然と恐ろしいものとを結びつけて考えるようになったのである。
 出典:ラッセル『幸福論』第11章「熱意」]

I've just an awful nightmare.
[たった今、私は恐ろしい夢を見た。
 出典:宮川幸久『英単語ターゲット1900(四訂版)』p.125]

The tourists were awed by the enormous pyramids.
[観光客たちは巨大なピラミッド群に畏怖の念を感じた。
 出典:『鉄緑会 東大英単語熟語 鉄壁』p.413]

The sight filled us with awe. / He always stood in awe of father.
[ 出典:Longman Dictionary of Contemporary English, new ed.]