(本館)  (トップ)  (分館)

総索引

ラッセル英単語・熟語


atheist (n) [a person who does not believe in the existence of God/無神論者]

* atheism (n):無神論
* agnostic (n):不可知論者 || (adj.)不可知論者の
Thank you for your letter of March 9. I do not wonder that you and Mr. Lewis are in doubt as to whether to call me an atheist or an agnostic as I am myself in doubt upon this point and call myself sometimes the one and sometimes the other. I think that in philosophical strictness at the level where one doubts the existence of material objects and holds that the world may have existed for only five minutes, I ought to call myself an agnostic; but, for all practical purposes, I am an atheist.
[3月9日付のお手紙ありがとう存じます。わたしを無神論者と呼ぶべきか不可知論者(agnostic)と呼ぶべきかについて,あなたとルイス氏が迷っているということは何の不思議もありません。と申しますのは,この点については,わたし自身が迷っているのであって,自分自身,ときには無神論者と言い,ときには不可知論者と言ったりしているからです。
 物質的な対象の実在を疑ったり,世界は5分前に出現したのかもしれないと考えたりするレベルでの哲学的厳密さから言えば,わたしは自分を不可知論者と呼ばなければなりません。しかし,実際上から言えば,わたしは無神論者です。
 出典:『拝啓バートランド・ラッセル様 −市民との往復書簡』の中の 無神論者か不可知論者か」]

At the age of eighteen, however, shortly before I went to Cambridge, I read Mill's Autobiography, where I found a sentence to the effect that his father taught him that the question 'Who made me?' cannot be answered, since it immediately suggests the further question 'Who made God?' This led me to abandon the 'First Cause' argument, and to become an atheist.
[けれども,18歳の年,ケンブリッジに進学する直前に,ミルの『自伝』を読んでいて,彼の父親が彼に,「「私を造ったのは誰か」という疑問には答えることができない,なぜなら,それに続いてすぐに,「神を造ったのは誰か」という疑問が出てくるからである。」ということを教えたという趣旨の文章を発見した。これによって,私は,「第一原因」の議論を放棄し,無神論者になった。
 出典:ラッセル『自伝』第1巻第2章「青年期」]

a confirmed atheist.
[ (出典:Longman Dictionary of Contemporary Englis, new ed.)]