(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Power, 1938

ラッセル『権力−新しい社会分析』(松下彰良・訳)

Back(前ページ) Next(次ページ) 第6章_イントロ累積索引 Contents(総目次)
 

第6章 むきだしの権力 n.19

 ルネッサンス時代のイタリアにおいては,古代ギリシアにおいてそうであったように,非常に高度な水準の文明非常に低い水準の道徳と結びついていた。(即ち,)どちらの時代も,最高の天才最低の悪党根性(scoundrelism)を示しており,その両者において,悪党と天才は決して互いに敵対するものではなかった。レオナルド・ダ・ダインチは(悪名高き)チェザーレ・ボルジアのために(いくつか)城塞を築いたし,ソクラテスの弟子のなかの何人かは,30人の僭主のなかの最悪な者たちであった(最悪な者たちのなかに含まれていた)。プラトンの門弟は(シチリアの)シラクサでの恥ずべき行為に関係していた(was mixed up)。また,アリストテレス某僭主の姪と結婚した。両者の時代において,芸術と文学と虐殺とが手を携えて約150年間繁栄した後に,(ヨーロッパの)西方と北方から来た,文明の度は(両者よりも)ずっと低いけれども団結力の強い諸民族によって,全て根絶やしにされてしまった。どちらの場合にも,政治的独立を失ったことが,文化的衰退だけでなく,商業的覇権の衰退及び破局的な貧困を伴ったのである。


Chapter VI: Naked Power, n.19

In Renaissance Italy, as in ancient Greece, a very high level of civilization was combined with a very low level of morals : both ages exhibit the greatest heights of genius and the greatest depths of scoundrelism, and in both the scoundrels and the men of genius are by no means antagonistic to each other. Leonardo erected fortifications for Cesare Borgia; some of the pupils of Socrates were among the worst of the thirty tyrants; Plato's disciples were mixed up in shameful doings in Syracuse, and Aristotle married a tyrant's niece. In both ages, after art, literature, and murder had flourished side by side for about a hundred and fifty years, all were extinguished together by less civilized but more cohesive nations from the West and North. In both cases the loss of political independence involved not only cultural decay, but loss of commercial supremacy and catastrophic impoverishment.
(掲載日:2017.07.19/更新日: )