(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


ラッセル『教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 19(第19章) Index

Contents(目次)
第19章 結論(OE19-010)

 旅の終わりに,私たちは,歩いてきた道を振り返り,通過してきた地域(土地)を概観(鳥瞰)してみよう。
 愛に支配された知識は,教育者が必要とするものであり,生徒たちが身につけるべきものである。初学年においては,生徒への愛が一番大切である。学年が進むにつれて,授けられる知識への愛がますます必要になる。当初,重要な知識は,生理学,衛生学,心理学の知識であり,このうち最後の心理学は,特に,教師にかかわりがある。子供が生まれつき有している本能と反射作用は,環境によって,実にさまざまな習慣へ発達させることができるし,それゆえ,また,実にさまざまな性格へ発達させることができる。こういったことは,大部分,ごく幼い時期に起こる(ものである)。従って,期待(希望)を持って(子供の)性格形成を試みることができるのは,この時期である。現存する悪を好む人々は,人間性を変えることはできない,と主張したがる。人間性は6歳を過ぎると変えることができないという意味であるならば,彼らの言っていることにも多少の真理がある。また,赤ん坊の持って生まれた本能や反射作用は変えることができないという意味であるならば,ふたたび,多少は当たっている。ただし,もちろん,優生学は,この分野でめざましい成果をあげることが可能であり,また,おそらく成果をあげるだろう。しかし, 現在いる人間とは根本的に異なる行動をするおとなを作り出す方法はまったくないという意味であるならば−通例は,そういう意味であるが−彼らは,近代心理学にまっ向から反抗することになる。仮に,同じ性格をもって生まれた幼児が二人いるとしよう。幼いころの環境が異なれば,(将来)二人はまったく違った気質をしたおとなになるかもしれない。幼年期の教育の任務は,本能を訓練して,調和のとれた性格,つまり,破壊的ではなくて建設的な,無愛想ではなくて愛情深い,(また)勇気があり,率直で,知的な性格, を生み出すようにすることにある。これらは全て,大多数の子供たちにしてあげることができる。即ち,子供たちが正しく取り扱われているところでは,現に実行されている。もしも,現存の知識が利用され,(既に十分)試された方法が用いられるならば,私たちは,一世代のうちに,病気や悪意や愚鈍さからほぼ完全に解放された人びとを生み出すことができるだろう。私たちがそうしないのは,抑圧と戦争のほうを好んでいるからである。
 本能という素材は,大部分の点で,望ましい行動に導くことも,また,望ましくない行動に導くこともありうる。過去においては,本能を訓練することを理解していなかった。そうして,それゆえ,抑圧に頼るほかなかった。(過去において)処罰と恐怖は,いわゆる美徳への大きな刺激(剤)となった。現在,私たちは,抑圧がまずい方法だと知っており,その理由は,ひとつには現実にうまくいったことはまったくないためであり,また,ひとつには精神障害を引き起こすためである。本能を訓練することは,まったく異なった方法であり,まったく異なった技術を必要とする。習慣と熟練技能は,いわば,本能のための一つの水路となり,本能はその水路の方向に従って,こちらへ,あるいはあちらへと流れていく。そこで,適切な習慣と適切な熟練技能とを創りあげることによって,私たちは,子供の本能がおのずと望ましい行動を促すようにさせる(のである)。(そこには)誘惑に抵抗する必要がないので,緊張感はまったく存在しない。(そこには)意志を妨げられることがないので,子供は,拘束がな,く自発的にやれるという感じを持つ。私はこれらのことを絶対的な意味で言っているのではない。即ち,常に,思いがけない事件が起こることはありえることであり,古い方法が必要になるかもしれない。しかし,児童心理学という学問が完全になればなるほど,また,私たちが保育園で多くの経験を積めば積むほど,ますます完全に,新しい方法を採用することができるのである。
Chap.19. Conclusion (OE19-010)


At the end of our journey, let us look back over the road, to obtain a bird's-eye view of the country we have traversed.
Knowledge wielded by love is what the educator needs, and what his pupils should acquire. In earlier years, love towards the pupils is the most important kind ; in later years, love of the knowledge imparted becomes increasingly necessary. The important knowledge at first is knowledge of physiology, hygiene, and psychology, of which the last more especially concerns the teacher. The instincts and reflexes with which a child is born can be developed by the environment into the most diverse habits, and therefore into the most diverse characters. Most of this happens in very early childhood ; consequently it is at this period that we can most hopefully attempt to form character. Those who like existing evils are fond of asserting that human nature cannot be changed. If they mean that it cannot be changed after six years old, there is a measure of truth in what they say. If they mean that nothing can be done to alter the instincts and reflexes with which an infant is born, they are again more or less in the right, though of course eugenics could, and perhaps will, produce remarkable results even here. But if they mean, as they usually do, that there is no way of producing an adult population whose behaviour will be radically different from that of existing populations, they are flying in the face of all modern psychology. Given two infants with the same character at birth, different early environments may turn them into adults with totally different dispositions. It is the business of early education to train the instincts so that they may produce a harmonious character, constructive rather than destructive, affectionate rather than sullen, courageous, frank, and intelligent. All this can be done with a great majority of children ; it is actually being done where children are rightly treated. If existing knowledge were used and tested methods applied, we could, in a generation, produce a population almost wholly free from disease, malevolence, and stupidity. We do not do so, because we prefer oppression and war.
The crude material of instinct is, in most respects, equally capable of leading to desirable and to undesirable actions. In the past, men did not understand the training of instinct, and therefore were compelled to resort to repression. Punishment and fear were the great incentives to what was called virtue. We now know that repression is a bad method, both because it is never really successful, and because it produces mental disorders. The training of instincts is a totally different method, involving a totally different technique. Habits and skill make, as it were, a channel for instinct, leading it flow one way or another according to the direction of the channel. By creating the right habits and the right skill, we cause the child's instincts themselves to prompt desirable actions. There is no sense of strain, because there is no need to resist temptation. There is no thwarting, and the child has a sense of unfettered spontaneity. I do not mean these statements to be taken in an absolute sense ; there will always be unforeseen contingencies in which older methods may become necessary. But the more the science of child psychology is perfected, and the more experience we acquire in nursery schools, the more perfectly the new methods can be applied.

(掲載日:2015.08.07/更新日: )