(本館) (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


Marriage and Morals, 1929

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』(松下彰良・訳)

第八章 性知識に関するタブー n.3

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第8章 イントロ累積索引 Contents(総目次)

第八章 性知識に関するタブー n.3

 この訴訟事件は、たまたまアメリカのものであるが、ちょうどまったく同様のことが、英国で起こった可能性もあるであろう。英国の法律は、実際上,アメリカの法律とほとんど同じだからである。若い人たちに性情報を与える人が、性知識は若い人たちにとって望ましいものであることを示すために、専門家の証言を持ち出すことを、英国の法律は認めない(許さない)ことがわかるであろう。また、この種の告発(起訴)がなさせれる場合、訴訟事件を合理的に判断するのに役立つようなもの(図書/文献)をまったく読んだことにないような無知な人間ばかりで陪審団を構成しなければならないと主張することは、検察当局の自由であることもわかってくるであろう。英国の法律は,子供や若い人たちは性の事実を知ってはならないし、また、性の事実を知ることが彼らにとって良いか悪いかという問題は、まったく関係がない、とぶっきらぼうに言い切っている。とはいえ,我々は、(今)法廷にいるわけではなく、また、本書は子供向けのものでもないので、子供を公然と無知のままにしておく伝統的なやり方が望ましいかあるいは望ましくないのか、という問題を論じてもさしつかえないであろう。

Chapter VIII: The Taboo on sex knowledge, n.3

It happens that this case is American, but it might just as well have been English, since the law in England is practically the same as in America. It will be seen that the law does not allow a person who gives sex information to the young to bring the evidence of experts to show that sex knowledge is desirable for the young. It will be seen also that where a prosecution of this sort is undertaken, it is open to the prosecution to insist that the jury shall consist entirely of ignorant men who have not read anything that will enable them to judge the case rationally. The law declares bluntly that children and young people must not know the facts of sex, and that the question whether it is good or bad for them to know these facts is entirely irrelevant. Nevertheless, since we are not in a law-court, and since the present work is not addressed to children, we may be allowed to argue the question whether the traditional practice of keeping children officially in ignorance is desirable or undesirable.
(掲載日:2016.08.08 /更新日: )